ロイズの「アモール・ポレンタ」

北海道のチョコレートメーカー・ロイズで開催されているイタリアンフェア。イタリアならではのお菓子や食材からヒントを得た、期間限定の商品がラインナップしています。その中の気になる商品「アモール・ポレンタ」を食べてみました!

◆どんなスイーツ?

とうもろこし粉でつくるイタリアの伝統的なバターケーキをロイズ流にアレンジ。イタリア語でアモールは「愛」 、 ポレンタはとうもろこしの粉を湯で練って作る北イタリアの料理のこと。アモール・ポレンタとは「愛しのポレンタ」という意味だそう。

ロイズの「アモール・ポレンタ」

生地にはバターやホワイトチョコレート、バニラ、コニャックを使用。コーングリッツ(乾燥させたとうもろこしの皮と胚芽を取り除いた胚乳部分のみを粉砕したもの)を入れて、さらに外側にもまぶされています。価格は994円(税込)。

ロイズの「アモール・ポレンタ」

とうもろこしを思わせる黄色のケーキは、しっとりとした口あたり。パウンドケーキにも似ていますが、ザラッとしたコーングリッツの存在を時折感じます。独特の歯触りがおもしろい。

味の方はコーンの主張弱め。かわりにホワイトチョコレートやバニラのコクのある甘みがメインとなっています。アルコール約1.5%配合ですが、お酒感はあまり感じないかな。ふわりと香るバターが幸せな余韻を残します。

ロイズの「アモール・ポレンタ」

北イタリアで愛されてきたケーキは素朴で味わい深く、初めて出会ったのにどこか懐かしささえ覚えるほど。改めて「おいしい」に国境はないのだなと感じました。