日曜日の実験室「ハロウィンかぼちゃまん」
ハッピーハロウィン!

10月31日はハロウィン。街には可愛らしいコスチュームや、ちょっぴりグロテスクなお菓子などが溢れています。

そんなハロウィンシーズンは、家族や友人とホームパーティーを開く機会も多いはず。そこで10月の日曜日の実験室では、3度にわたってハロウィンにぴったりのメニューをご紹介します。

第1回目は「ハロウィンかぼちゃまん」。余りがちなパン粉を使った簡単な一品です。

材料(2個分)

パン粉 100g
かぼちゃ 1/4個
かぼちゃスープ 150ml(粉末スープの素使用)
あずき缶 1/2缶
牛乳 50ml
チョコペン 1本

作り方は、えん食べのYouTubeチャンネルでも紹介しています。


作り方

1.かぼちゃの種を取り除き、ラップをしてレンジ(700W)で5分加熱する

かぼちゃの種を取るところ

2.柔らかくなったかぼちゃを潰す

かぼちゃを潰すところ

3.潰したかぼちゃに牛乳を加えてよく混ぜ、レンジで2分加熱する

かぼちゃに牛乳を加えるところ

4.かぼちゃとあずきを混ぜ合わせて餡を作る

かぼちゃとあずきを混ぜ合わせるところ

5.かぼちゃスープをパン粉になじませて生地を作る

かぼちゃスープをパン粉に入れるところ

6.ラップの上に生地を広げ、かぼちゃ餡を包む

生地とかぼちゃ餡

7.レンジで5分加熱する
8.チョコペンで、自由に顔を書いて完成

日曜日の実験室「ハロウィンかぼちゃまん」
出来上がり!

熱々を召し上がれ

鮮やかな黄色の生地はパン粉で作ったとは思えないほど、ふっくらもちもち。かぼちゃの香りがふんわりと鼻に抜けていきます。

日曜日の実験室「ハロウィンかぼちゃまん」
もっちもち

なめらかな舌触りのかぼちゃ餡は、あずきの粒々とした食感がアクセント。ホクホクとした甘みが広がる、どこか懐かしい味わいです。

余ったパン粉を活用できて、ハロウィン気分も盛り上げられる一石二鳥のメニュー。片手で手軽に食べられるので、立食式のパーティーにもぴったりですよ!