簡単超うま「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ!
なすやゴーヤ、ミニトマトなどの夏野菜をたっぷり味わう一品。野菜を焼いて合わせ調味料に漬けるだけなのでとっても簡単です。常備菜にもぜひ!
材料 ( 2人分 )
なす 1~2本
ゴーヤ 1/2本
ミニトマト 5~6個
しいたけ 2~3個
適量
麺つゆ 150~200cc
100cc
砂糖 小さじ1
おろし生姜(チューブでOK) 小さじ1
「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

だしのうまみがじゅんわり染みた「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピをご紹介します。口いっぱいにほお張りたくなる美味しさ!焼いて調味料に漬けるだけの簡単おかずです。しっかり冷やすとより美味しい。作り置きにもおすすめです!

なすと夏野菜の焼きびたし

材料

用意するものはこちら。

なす 1~2本
ゴーヤ 1/2本
ミニトマト 5~6個
しいたけ 2~3個
油 適量
麺つゆ 150~200cc
水 100cc
砂糖 小さじ1
おろし生姜(チューブでOK) 小さじ1

麺つゆの分量は濃縮率や味を見て調整してくださいね。

作り方

ゴーヤは洗って両端を切り落とし、縦半分に切ってワタと種を取ります。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

3~4ミリ幅の薄切りに。時間があれば軽く塩もみして10分ほど置き、さっと水洗いして苦味を和らげておきます。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

なすは洗ってヘタとガクを取り、7~8ミリ幅の輪切りにしたら、水に浸してアクを抜きます。

【参考リンク】なすの下処理方法

【参考リンク】なすのアク抜き方法

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

しいたけは軸を取って4等分にカット。お好みで軸も薄切りにして使いましょう。

【参考リンク】しいたけの下処理方法

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

ミニトマトはヘタを取って洗っておきます。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

タッパーなど保存容器に、麺つゆ、水、砂糖、生姜を合わせておきます。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

フライパンに油を熱し、しっかり水を切ったゴーヤ、なす、しいたけ、ミニトマトを炒めます。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

全体がこんがり焼けたものから上げ、麺つゆを入れた容器に投入。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

全部容器に移し入れたら粗熱を取り、冷めたらフタをして冷蔵庫へ。しっかり冷やして食べごろになったら、器に盛り付けて出来上がりです!

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

なすと夏野菜の焼きびたしの味は?

シャクッと歯ざわりの心地良いゴーヤと、とろけるやわらかさのなす。対象的な食感が交互に訪れ、ときどきミニトマトがプチッと弾けます。ゴーヤのほろ苦さ、なすのジューシーさ、トマトの甘み、しいたけの風味が代わる代わる口に広がる、贅沢な夏野菜たちの饗宴!麺つゆのおだし感がじゅんわり染みた、うまみたっぷりの味わいです。

「なすと夏野菜の焼きびたし」レシピ

意外かもしれませんが、個人的に特に美味しいと思うのが、ミニトマト。生のまま食べることが多いと思いますが、焼きびたしにするとおだしのうまみが適度に染みて、トマトのみずみずしい甘さと調和して、とっても美味です。焼くときにちょっと弾けるかもしれないので、気をつけつつ調理してくださいね!