そろそろ外で過ごしやすい季節になってきた。ピクニックやバーベキューなど仲間たちと外で食事を楽しむのも良いが、いつものレジャーに飽きたら、こんな場所での食事はいかがだろうか。
 

一瞬合成画像かと目を疑ってしまう  (出典:Dinner in the Sky 公式 HP)

一瞬合成画像かと目を疑ってしまう
(出典:Dinner in the Sky 公式 HP)


Dinner in the Sky」はその名の通り、テーブルを上空50mの高さに吊り上げた状態で、プロのシェフたちがディナーやランチをサーブしてくれるイベント。テーブルの外側には何の囲いもなく、足場も必要最低限だけ。そこで最大22名のゲストがぐるりとテーブルを囲み、安全ベルトで体を椅子に固定されながら食事を楽しむのだ。
 

怖くて下が見られない・・・  (出典:Dinner in the Sky 公式 HP)
怖くて下が見られない・・・
(出典:Dinner in the Sky 公式 HP)


このイベントは、クライアントの希望に応じて色々とカスタマイズできる。地上での途中休憩を挟みつつ最大8時間もの会食を楽しんだり、ステキな音楽が欲しいよね、となれば、別のクレーンでピアノを吊り上げることだってできちゃうのだ。
 

楽しい時間には音楽も欠かせない  (出典:Dinner in the Sky 公式 HP)
楽しい時間には音楽も欠かせない
(出典:Dinner in the Sky 公式 HP)

 

また、およそ500m2の敷地さえあれば、どんな場所でも開催できるようだ。もちろん、いくら空中とはいえ、土地所有者の許可を取ることは忘れないで欲しい。最優先されるべき安全性については、ドイツの安全認証 DIN 4112に基づいた装置を使用し、保険も完備しているとのこと。

Dinner in the Sky は現在世界40か国とパートナーシップを持ち、モナコからラスベガスまで、不定期に開催されている。ちなみに2013年は、ヘルシンキ、ベルリン、カサブランカ、ブリュッセル、ボゴタ、ル・マン、ビリニュスで開催予定だ。

ところで、気になるお値段だが、1人あたり日本円で10万円前後。現在日本は同イベントの加盟国にはなっていないが、海外ツアーなどもあるようだ。高所恐怖症の筆者には相当な罰ゲームに感じるが、心理学で有名な「つり橋効果」が働き、プロポーズや商談もまとまるかもしれない。異国の空の下、一生に一度の忘れられない夜を過ごそう。
 

美しい景色を心に刻もう  (出典:Dinner in the Sky 公式 HP)

美しい景色を心に刻もう
(出典:Dinner in the Sky 公式 HP)