東京すしアカデミーは4月、シンガポールに「寿司職人養成学校」を開校する。同社初の海外校であり、今後計画している海外展開の第一歩となるとしている。

同社では現在、学校事業として国内に東京本校(新宿)を開校している。東京校が開校した2002年は北米で寿司ブームが起き、2005年からはオセアニア、さらにはヨーロッパへと人気が広がった。また近年では、各産業の拠点がアジアへシフトしたことから、寿司/日本食はアジアで成長著しいマーケットへと成長。その中でシンガポールはアジア経済の中心となっており、それに伴い、寿司/日本食 職人のニーズも高まっていることから、シンガポール校開校を決定したという。

 

シンガポール校 講師のみなさん!

シンガポール校 講師のみなさん!