家電メーカー Miele は3月13日、食事後、食べたカロリー分だけエクササイズをする「カロリーニュートラル」なレストラン「Steam(蒸し料理)」を、英国ロンドンコベントガーデンに1日限定でオープンします。英国紙 Daily Mail などが伝えています。

「カロリーニュートラル」なレストラン「Steam」で提供される料理の例
「カロリーニュートラル」なレストラン「Steam」で提供される料理の例
 
Miele は、家庭用蒸し調理器具のパイオニア。今回オープンするレストラン「Steam」でも、同社の蒸し調理器具を使ったヘルシーな料理を提供します。
 
料理の腕をふるうのは、数々の賞に輝くレストラン「The Boundary」の料理長である Frederick Forster 氏。同氏は今回のプロジェクトで、「ヘルシーな料理は味気ないもの」という既成概念に「革命的な変革を起こす」と語っています。
 
「『蒸し』は、食材の自然な味わい、ビタミン、色合い、食感を損ねない調理方法です。油を使わないので、他の調理方法よりもヘルシーだと言えます」
 
The Boundary の料理長 Frederick Forster 氏
The Boundary の料理長 Frederick Forster 氏
 
でも、いくらヘルシーな料理といっても、料理自体のカロリーがゼロなわけではありません。このレストランの特徴は、食事後のエクササイズにあります。Forster 氏による料理を楽しんだあとは、参加者は食べた分のカロリーを燃やすエクササイズに参加するよう促されるのです。参加者は、まずウォームアップエリアでストレッチを行い、次にワークアウトエリアでより高いカロリー消費が期待される様々なワークアウトを、トレーナーの指示のもとで実施します。これにより、レストランに足を踏み入れる前後の体内のカロリーを同じレベルにして帰宅。結果として、「カロリーゼロ」を実現しているのです。
 
レストラン「Steam」イメージ図  レストランエリア横に、ワークアウトエリアが存在する
レストラン「Steam」イメージ図
レストランエリア横に、ワークアウトエリアが存在する
 
Miele のマーケティングディレクターである Dominic Worsley 氏は、Daily Mail に対して次のように述べています。
 
「Steam はこれまで誰もやらなかった試み。参加者の反応がとても楽しみです。これが成功したら、Steam の全国展開もしたいと考えています」
 
「Steam」で提供予定のデザートの例
「Steam」で提供予定のデザートの例