クラフトビールメーカー 御殿場高原ビールが運営する地ビールレストラン「グランテーブル」で、黒毛和牛を富士山の“溶岩石プレート”で焼き上げる「黒毛和牛 世界文化遺産 富士山溶岩 BBQ」が、10月31日までの期間限定で提供される。

世界遺産で焼くお肉は格別
世界遺産で焼くお肉は格別

「黒毛和牛 世界文化遺産 富士山溶岩 BBQ」は、世界遺産の「富士山」から噴き出した溶岩石でできたプレートで、黒毛和牛を焼いて食べるというもの。溶岩石プレートは、遠赤外線の力で素材を柔らかくジューシーに焼き上げるのだとか。

バーベキューには、厳選された黒毛和牛の特上リブロースとモモ肉(赤身)、焼き野菜がセットになっている。同施設内の醸造所でつくられた出来たてのクラフトビールとともに味わえるそうだ。

厳選素材のバーベキューを、出来たてビールとともに
厳選素材のバーベキューを、出来たてビールとともに

グランテーブルには、ほかにも“ビールが進む”料理が約60種用意されている。特製だれに付け込んでオープンキッチンでじっくり焼き上げた「山賊のスペアリブ」(3~4人前 2,760円)や、ドイツ名物「アイスバイン~あたたかい骨付きボイルハム~」(2,280円)など家族やグループでシェアできるメニューに加え、本場ナポリの薪窯で焼き上げられる6種のピザなどもラインナップ。

店舗所在地は、静岡県御殿場市神山 719。営業時間は、平日ランチ11時~15時(ラストオーダー14時)、ディナー17時30分~21時30分(ラストオーダー20時30分)、土曜11時~22時(ラストオーダー21時)、日曜11時~21時30分(ラストオーダー20時30分)。なお、営業時間は季節・曜日により変動あり。

※表記価格はすべて税別