「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ!ゴーヤは完熟してもウマい!生でも苦み少なく さっくりやわらか!
完熟して黄色くなったゴーヤは、食感が少しやわらかくなり、苦味もまろやかに。生でも食べやすいので、簡単お浸しにしてみては?
材料 ( 2人分 )
熟して黄色くなったゴーヤ 1本
麺つゆ 大さじ1弱
砂糖 小さじ1
醤油 小さじ1
かつお節 適量
「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ

家庭菜園で採れたり、スーパーで買ってきたりしたゴーヤをしばらく放置していると、熟して黄色くなります。色が全然違うのでびっくりするかもしれませんが、熟したゴーヤもおいしく食べられますよ!むしろ緑色のゴーヤより苦味が少ないので食べやすい、という人もいます。今回は「黄色いゴーヤのお浸し」レシピをご紹介!

黄色いゴーヤのお浸し

材料

用意するものはこちら。

熟して黄色くなったゴーヤ 1本
麺つゆ 大さじ1弱
砂糖 小さじ1
醤油 小さじ1
かつお節 適量

作り方

ゴーヤは崩れないようにそっと水洗いし、半分に切って中の種とワタを取り除いたら、3~4ミリ幅に切ります。

「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ

ボウルに麺つゆ、砂糖、醤油を合わせ、ゴーヤを入れて和えます。

「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ

冷蔵庫で冷やして味がなじんだら、器に盛り付けてかつお節を振りかけます。完成!

「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ

黄色いゴーヤのお浸しの味は?

熟す前の緑色のゴーヤのようなシャキッシャキッとした食感ではなく、やわらかみを帯びたさっくりとした歯ごたえ。すぐにとろんと崩れ、みずみずしい果汁を広げますが苦味はかなりマイルドで、さわやかな風味がたっぷり吸い込んだおだしの味とよく合う!

「黄色いゴーヤのお浸し」レシピ

生のままでも苦味は弱く、むしろほのかな野菜の甘みのようなものすら感じられる、熟したゴーヤ。いつの間にか緑のゴーヤが黄色くなってきちゃった!というときは、簡単に作れるお浸しを試してみてくださいね。ただしゴーヤが熟しすぎると腐れてしまうのでご注意を。