桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」

名物の陰の“ひそかな名品”を紹介する連載。43品目は、桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」(4個入り)

山梨銘菓で、全国的にも人気の高い「桔梗信玄餅(ききょうしんげんもち)」。小さな容器にきな粉をまぶした餅が入っており、別添えの黒蜜をかけて食べる和菓子だ。


桔梗屋の桔梗信玄餅
桔梗屋の信玄餅(画像出典:桔梗屋公式サイト)

桔梗屋では同様に“きな粉”“黒蜜”を使ったさまざまな菓子を展開しており、今回紹介する「桔梗信玄生プリン」もそのひとつ。きな粉風味のプリンに黒蜜をかけて食べる生菓子で、山梨や都内などの桔梗屋系列店やアンテナショップ、オンラインショップ、デパートの催事などで手に入る(販売箇所の詳細は公式サイト参照)。価格は4個入り975円(税込)から。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
4個入りから販売

パッケージは信玄餅同様、濃い紫色。風呂敷包のようにキュッと結ばれている。サイズは手のひらから少しはみでるくらい。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
信玄餅と同じように包んである

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
信玄餅よりひとまわり大きい

包みを開くと、四角い容器に入ったプリンと、信玄餅でおなじみのボトル入り黒蜜が登場。プラスチックのスプーンも付いている。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
旅先でも便利なスプーン付き

黒蜜をかけて、いざ実食。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
黒蜜は好みで

フレッシュな生クリームが使われたプリンは、とろとろになめらか。舌の上でクリーミーに口どけ、きな粉の香ばしい風味を広げる。

黒蜜をかけると独特の深い甘みとコクが加わり、濃厚な味わいに。ひと口ごとの満足感が高まる。反面きなこの風味は霞んでしまうので、一気にかけずに食べながら調整するのがいいかも。

桔梗屋の「桔梗信玄生プリン」
黒蜜は調整しながらかけるとよい

なお本商品は要冷蔵で、賞味期限は2日程度。人へというより自宅へのお土産にするか、購入してすぐ食べるなどした方がよさそうだ。

≫【これ知ってる?】の記事をもっと見る