ヤッホーブルーイング「マジ福袋2022」

ヤッホーブルーイングから、最大9種類のクラフトビールが入った福袋「マジ福袋2022」が登場します。公式オンラインショップ「よなよなの里」で10月27日から会員限定で先行発売され、10月31日から一般発売されます。

マジ福袋2022

2020年11月より取り扱われた「マジ福袋2021」は一部のラインナップが発売から3分で完売となり、全体でも合計約7,000セットが1か月半で完売するなど好評。2021年の「マジ福袋2022」は在庫数が5割増やされました。3種類のラインナップが用意されています。

今回は3種類のラインナップがあり、ビールのバラエティや限定グッズが楽しめる「松セット」、福袋のための特別なビールなどを楽しめる「竹セット」、価格や本数が抑えられ試しやすい「梅セット」が選べます。

福ビール2022

「福ビール2022」は福袋のために用意された特別な限定ビール。ビアスタイルは「ホワイトIPA」。年末年始らしい華やかさや特別感がありながら、ビール好きも普段ビールをあまり飲まない人も一緒に楽しめる飲みやすい味わいになるよう工夫されています。

レモンやオレンジを思わせる華やかな香りと、ジューシーでさわやかな味わい、穏やかな苦味が特徴。原材料の一部に小麦が用いられることで口当たりがやわらかくなり、ほどよい酸味がすっきりとした飲み口に仕上げられています。魚や鶏肉が使われた料理や、塩味や酸味のきいた味付けの料理とのペアリング向き。

福袋に入れられるほか12月初旬から食品スーパーマーケット「ツルヤ」軽井沢店、御代田店で100ケース限定販売されます。

バレルフカミダス Batch No.56 バーレイワイン

「バレルフカミダス」は福袋限定ビール。ウイスキーやワインの製造で用いられた木樽で熟成させられる「バレルエイジ」という技法で作られます。木樽に残るウイスキーなどの香りが移り、複雑で奥行きのあるクラフトビールが完成すると案内されています。

カラメルのような香りと洗練された苦味を持つバーレイワインが2種類のウイスキー樽で熟成され配合されます。最長9ヶ月間じっくりと熟成されることで、燻したような木の香りやビターな味わいが強く感じられ、熟成した甘味や渋味の奥行きを感じられるようになっています。

テイスティング用ミニグラス

「松セット」限定で「テイスティング用ミニグラス」が付きます。よなよなエール、インドの青鬼、水曜日のネコの絵柄があしらわれた6種類のグラスセット。サイズは135mlと小さめ。テイスティング方法を解説したシートも付属します。

よな里新聞 福袋特別号

すべての福袋に「よな里新聞 福袋特別号」が同梱されます。マジ福袋2022に入っている9種類のクラフトビール紹介や、「福ビール2022」の製造秘話などが掲載されます。

松セット

3種類ある福袋のうち「松セット」はビール7種類24缶に加え「ハレの日仙人2020」「バレルフカミダス Batch No.56」が詰め合わされています。販売価格は1万3,580円(税込、配送料無料、以下同じ)。

竹セット

3種類ある福袋のうち「竹セット」はビール7種類24缶入りです。販売価格は6,980円です。

梅セット

3種類ある福袋のうち「梅セット」はビール7種類12缶入り。販売価格は3,980円です。