簡単「えびの背わたの取り方」爪楊枝や竹串でするするっと引っ張り出せる!
えびを調理する際に欠かせない「えびの背わたの取り方」をチェック!爪楊枝や竹串を使えば、するするっと簡単に引っ張り出せます。
原材料 えび
ツール 爪楊枝
作業時間 10分
1. 生のエビを用意します。
2. 手でエビを持ち、軽くクイッと曲げて、殻の隙間に爪楊枝を挿しこみます。
3. 爪楊枝の先に背わたを引っ掛けて、途中で千切れないよう、ゆっくりと引っ張り出します。
4. 背わたを取り出したら、殻を剥いて完成!

えびの背わたの取り方

えびを調理する際に欠かせない「えびの背わたの取り方」をチェック!爪楊枝や竹串を使えば、するするっと簡単に引っ張り出せます。

消化器官である背わたには、砂が入っており、食べる際に食感が悪くなってしまう可能性も。また、色が黒く目立つため、調理の前に取り出すのがおすすめです。

えびの背わたの取り方

1. 生のエビを用意します。有頭でも無頭でもどちらでも、料理に合わせてお好きなエビを用意してください。

ステップ1 生のエビを用意します。

2. 背わたがあるのは、背中の中央あたりです。手でエビを持ち、軽くクイッと曲げて、殻の隙間に爪楊枝を挿しこみます。

ステップ2 手でエビを持ち、軽くクイッと曲げて、殻の隙間に爪楊枝を挿しこみます。

3. 爪楊枝の先に背わたを引っ掛けて、途中で千切れないよう、ゆっくりと引っ張り出します。千切れてしまっても、また爪楊枝を挿し込んで引っ張り出せばOK!

ステップ3 爪楊枝の先に背わたを引っ掛けて、途中で千切れないよう、ゆっくりと引っ張り出します。

4. 背わたを取り出したら、殻を剥いて完成!

ステップ4 背わたを取り出したら、殻を剥いて完成!

とっても簡単な「えびの背わたの取り方」。基本は茹でる前に下拵えするのがポイントです。慣れると徐々に楽しくなってきますよ!