夏の簡単おかず「なすとおくらの煮びたし」
夏野菜を使った簡単おかず「なすとおくらの煮びたし」のレシピです。できたて熱々はもちろん、時間が経って冷めてからも味がなじんで美味。
材料 ( 2人分 )
なす 3本
おくら 5~6本
めんつゆ(ストレート) 大さじ3
ごま油 大さじ1
しょうが 適量
ねぎ 適量
みょうが 適量
なすとおくらの煮びたし

夏に旬を迎える野菜、なす&おくらを使った簡単おかず。「なすとおくらの煮びたし」のレシピをご紹介します。

◆ 材料(2人分)

なす 3本
おくら 5~6本
めんつゆ(ストレート) 大さじ3
ごま油 大さじ1
しょうが(チューブでOK) 適量
ねぎ 適量
みょうが 適量

◆ 作り方

1. おくらの上の部分を切る。

上の部分を切ったおくら

2. なすはストライプ状に皮をむき(むかなくてもOK)、縦半分に切ってさらに十字に切る。

カットされたなす

3. フライパンにごま油とすりおろしたしょうがを熱し、なすを入れて炒める。

フライパンで炒めているなす

4. なすがしんなりしてきたらめんつゆとおくらを加え、ふたをして5分ほど煮る。

なすとおくらの煮びたし

5. なすとおくらを器に盛り、細切りしたみょうが、小口切りしたねぎを好きな量かけたら完成。

なすとおくらの煮びたし

◆ その味は?

火が通ってくたっとしたなすは、噛む度にめんつゆの旨みがジュワリと溢れてきます。ねばねばのおくらにも程良く味が染みていて最高。アクセントに効いたしょうがとごま油の香りが鼻に抜けていきます。薬味の量はお好みですが、たっぷりかけるのがおすすめ。ねぎやみょうがの辛みがさっぱりとした後味に導いてくれます。

なすとおくらの煮びたし

できたて熱々はもちろん、時間が経って冷めてからも味がなじんで美味。暑い日は冷蔵庫で冷やしてから食べると涼やかな夏のおいしさが楽しめますよ。