魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

簡単すぎてレシピというほどのものじゃないんですが、魚肉ソーセージをハムステーキみたいにシンプルに焼いた“ギョニソステーキ”がお酒のアテにぴったり!もっともシンプルにして最強の食べ方をお伝えさせてください!

●材料

魚肉ソーセージ  1本
ケチャップ  適量
粒マスタード  適量

●作り方

魚肉ソーセージをやや厚めの輪切りにします。

魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

フライパンに油(分量外)をひき、切った魚肉ソーセージを並べて両面こんがりと焼きます。

魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

お皿に盛り付け、ケチャップと粒マスタードを添えればできあがり!お好みで黒コショウを振っても。

魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

●その味は?

焼くことでふっくらとした魚肉ソーセージは、カリッと香ばしい口あたり、フワフワ食感のあとにしっとりジューシーなうまみが広がります。ケチャップとマスタードをつけて食べると、酸味や辛みが味を引き立ててまた絶品!

魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

魚肉ソーセージの“ギョニソステーキ”

脂っぽくないのでさっぱりしていながらもうまみはしっかりあって、食べごたえも文句なし。魚肉ソーセージを切って焼いただけなのに、本当ビールが止まらなくなるんですよ。子どものおやつや大人の酒の肴が何もない!という日にサクッとお試しあれ。