「信濃屋プラス」のチキンスープ
透明だけど超濃厚!

東京・五反田にある鶏スープ専門店「信濃屋+(プラス)」。澄みきった透明なスープはさっぱり味、と思いきや超濃厚でずっしりお腹にたまる。

老舗の新店

信濃屋プラスのイメージ
信濃屋+(プラス)

信濃屋は、五反田にある創業65年の鶏肉専門店「信濃屋」の2号店。1号店はおいしいからあげや焼き鳥の入った弁当が手頃で、近所の会社員がよく昼時になると買いに来る。新たな2号店は鶏スープともっとしゃれた総菜が中心。

信濃屋プラスのイメージ
おしゃれな雰囲気

場所は五反田駅と大崎広小路駅のちょうど中間あたり。どちらからも歩いてすぐだ。広々した雰囲気の店内は、主にテイクアウトの客が訪れるが、窓際には立食できるイートインスペースもある。

スープ鍋のようす
スープ鍋がドーン!

鶏お総菜のようす
お総菜がズラー!

さっそくランチに3種のスープのうち日替わりの「鶏団子とレタス・しめじの涼しげスープ」Mサイズ、ごはんセット(600円、税込)を注文する。実は鶏スープで炊いたおこわが人気だが、これはいつもお昼前に売り切れてしまうとのことで頼めなかった。総菜は「鶏皮とゴーヤーのチャンプルー」(180円)をつける。

イートインコーナー
イートインでランチにしよう

透明なのにコクがすごい

スープのイメージ
透明だけどコクがすごい

透明なスープからさっぱりした味を連想していると、まったく裏切られる。とてもコクがあり、飲みはじめは薄口に思えても、あとから濃厚なうまみが押し寄せてくるのだ。

塩味はあまり強くないが、それを補ってあまりある鶏の風味が味覚を占領してくる。透明なつゆの中にチキンが全部溶け込んでいるよう。滋養がたっぷりでバテぎみの体にはしみる。

鶏団子スープのイメージ
鶏団子も味が濃厚

鶏団子をかじると、スープのうまみに負けない肉の味がするし、レタスはすきとおった緑とシャキシャキ感を残しつつ柔らかく火を通してあり、シメジの舌ざわりもかわいらしい。一言であらわすなら「豚汁(とんじる)の鶏版」とでも言ったところ。白いお米にも合う。

はじめはごはんとスープのシンプルなランチではものたりないのではないか、と心配だったが杞憂。むしろお腹いっぱいになる。

お総菜も絶品

鶏皮とゴーヤーのチャンプルー
鶏皮とゴーヤー!

スープとごはんだけでも十分に腹は満たされるが、折角たのんだ総菜も楽しみたい。鶏皮とゴーヤーのチャンプルーは名前の通り鶏皮がどっさり入っていて、その鶏油で炒ったような卵にしっかり風味をしみこませている。

こってりした鶏皮とかつふんわりした炒り卵に、鮮やかな緑のゴーヤーのほんのりしたにがみが引き立て役になっている。

ただしランチと一緒にひとりで食べきるのはかなりの健啖家(けんたんか)でもたいへん。夕ご飯のおかずに家族とシェアする方が無難かもしれない。
次ページ >>  おみやげには…