澤田屋「キャラ玉」

山梨銘菓のひとつ、澤田屋の「くろ玉」。うぐいす餡を黒糖ようかんで包んだ和菓子です。

その妹分として誕生したのが「キャラ玉」。さつまいもで作った芋餡が、自家製のキャラメルようかんで包まれています。3個入りの価格は600円(税別)。


澤田屋「キャラ玉」
パッケージも和洋折衷

玉のようにコロンとした形。ピンポン玉よりひとまわり小さいくらいのサイズ感です。

つややかな表面から中の餡まで口あたりなめらか。しっとりほぐれてまろやかな甘みを放ちます。芋餡には山梨県北杜市明野町のブランド野菜“あけの金時”が使用されているそう。芋らしいホクホク感がしっかりいかされています。

澤田屋「キャラ玉」
芋の自然な甘さ

まわりを包むキャラメルようかんにはバニラビーンズ入り。甘い香りがふわりと鼻腔をくすぐります。香ばしさの中にキャラメル特有のかすかな苦みも。和菓子でありながら洋の雰囲気も感じさせる一品です。

澤田屋「キャラ玉」
まるでスイートポテト

ようかんと言えば日本茶との相性は言わずもがなですが、キャラ玉はコーヒーともよく合うのだとか。ほっくりとした甘みをキレのあるコーヒーの旨みが包み込んでくれます。一緒に味わうことで、より豊かな香りが楽しめました。

澤田屋「キャラ玉」とコーヒー
ぜひ一緒に