肉バル カモショッタネギ「ブロシェット」
西洋の串焼料理「ブロシェット」

“オーガニックワインと鴨料理”が楽しめる店「肉バル カモショッタネギ」が11月8日、東京・新橋にオープンした。

看板メニューの鴨料理には、濃厚な味わいが特徴という埼玉県産「武州鴨」のロースを使用。鴨肉の脂身は牛や豚、鶏よりも融点が低いため、口の中で溶け、噛むほどにうまみが感じられるとか。

銀の串に肉と野菜を刺した西洋の串焼料理「ブロシェット」には、「鴨肉と長葱」(500円、税別、以下同じ)をはじめ自家製の「鴨肉つくね」(400円)や、「鴨フォアグラ」(600円)などが用意される。

肉バル カモショッタネギ「ブロシェット」
串焼料理をワインとともに

しっとりジューシーにコンフィされた鴨肉と長葱を“オイル鍋”にアレンジした「武州鴨と長葱のガーリックオイル鍋」(2,580円)も注目の一品。あっさりとした塩味のおいしさを、ガーリックオイルが引き立てるそう。冬だけの特別メニュー。

肉バル カモショッタネギ「武州鴨と長葱のガーリックオイル鍋」
武州鴨と長葱のガーリックオイル鍋

ほかにも、「ロースト鴨のカルパッチョ 焼き葱と」(850円)、「フォアグラバターのトースト」(500円)、「鴨肉のボロネーゼ」(1,000円)、「小笠原レモンとココブランマンジェ」(550円)などがラインナップされる。

肉バル カモショッタネギ
メニューイメージ

また、オーガニックワインは、化学肥料や農薬を一切使わずにつくられたブドウだけを使用。香料や着色料、合成酵素などの添加物もゼロ。心地よい飲み口が楽しめるそう。赤、白、ロゼが用意されている。

店舗所在地は、東京都港区新橋4-18-4 村上ビル1F。営業時間は17時~23時30分。