“希少肉”と“厳選ワイン”がカジュアルに楽しめる「ワイン食堂 寓 ‐Goo‐(ぐう)」が10月15日、東京・銀座にオープン。2015年4月にオープンした神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)の姉妹店だ。

ランプキャップでもおなじみ、看板メニューの「ランプキャップ」ステーキ
ランプキャップでもおなじみ、看板メニューの「ランプキャップ」ステーキ

同店は、“まるで自分の家や隠れ家のように”気軽に立ち寄り食事ができる、居心地の良い空間をコンセプトとした食堂。「寓」とは、「身を寄せる」「仮住まい」という意味を持つことばだそう。ラフながらもスタイリッシュな雰囲気の店内には、カウンターとテーブルあわせて74席が用意されている。

ラフ&スタイリッシュな店内
ラフ&スタイリッシュな店内

●看板メニューは“希少肉”のステーキ

フードメニューには、牛肉の“希少部位”を使ったステーキなどが“リーズナブルな価格”でラインナップ。ランプキャップの看板メニューでもある「ランプキャップ」のステーキ(230g 1,800円)をはじめ、赤身肉のうまみあふれる「牛肩ロースステーキ」(230g 1,580円)、女性に人気の「フラップミート(かいのみ)」(230g 1,580円)、甘い肉汁が口いっぱいに広がる「ストリップロイン(サーロイン)」(230g 2,300円)などが提供される。

噛みしめるたび、うまみが広がる「ランプキャップ」
噛みしめるたび、うまみが広がる「ランプキャップ」

程よい脂身の甘みがたまらない「ストリップロイン(サーロイン)」
程よい脂身の甘みがたまらない「ストリップロイン(サーロイン)」

また、数量限定の「牛ハツロースト バルサ“ミソ”ソース」(180g 1,000円)や、豪快にかぶりつきたい豚肉のグリル「ベイビーバックリブ」(500g 1,500円)、豚肉に細かく刻んだしいたけを合わせた「生ソーセージ」(700円)なども用意される。価格はいずれも税別。

パリッと皮を破ると、ジュワッと肉汁があふれ出す「生ソーセージ」
パリッと皮を破ると、ジュワッと肉汁があふれ出す「生ソーセージ」

●ランチの目玉は山盛りの「ローストビーフ丼」

ランチメニューの“目玉”は「ローストビーフ丼」。低温でじっくりと焼き上げることでうまみを閉じ込めたというローストビーフをご飯の上に豪快に盛り付け、チーズを加えてコクを出した特製のクリーミーマヨネーズと“秘伝のタレ”をかけて仕上げられている。

“絶対に食べるべき一品”のひとつ
“絶対に食べるべき一品”のひとつ

サラダ・スープ付きで、価格は並盛880円、大盛1,070円(いずれも税込)。数に限りがあるため、なくなり次第終了となるそうだ。

ランチメニューにはこのほかにも、ライスまたはパンとスープが付いた「肉屋のステーキ」(150g 税込1,000円~)や、サラダとスープが付いた「本日のパスタ」(同900円)、「とろとろ牛すじカレー」(同700円)なども用意される。

●ワインをちょっとずつ飲み比べができる4種セット

ドリンクメニューには生ビールやカクテルに加え、肉料理に合わせてセレクトされたというワインが常時40種類ほど取り揃えられている。

中でも、さまざまなワインを気軽に楽しめる「ワイン飲み比べ4種セット」(税別1,000円)は同店のオススメ。「本日のグラスワイン」8種の中から好きな4種を選んでテイスティングができる。それぞれのグラスにはそのワインの名前や産地が書かれたネームタグが付けられており、自分の感じた味をメモすることも。

赤も白も、好きな組み合わせでオーダーできる飲み比べセット
赤も白も、好きな組み合わせでオーダーできる飲み比べセット

また、世界で愛飲されているという“高級”シャンパン「ペリエ・ジュエ・ベルエポック」も“業界最安値クラス”の1万8,000円(税別)で提供されるとか。

●10月15、16日はディナータイム「全品半額」

オープン記念イベントとして、10月15日と16日の2日間は、ディナータイムのフード・ドリンクメニューがすべて半額になる。また、ランチタイムには「ローストビーフ丼」が“ワンコイン”の500円となるそうだ。

お得なオープン記念イベント開催!ランチのローストビーフ丼はワンコインに
お得なオープン記念イベント開催!ランチのローストビーフ丼はワンコインに

店舗所在地は、東京都中央区銀座1-14-11 銀松ビル地下1階。営業時間は、ランチタイム11時30分~14時、ディナータイム17時~23時。