ぐるなび、今年の一皿「パクチー料理」

その年を象徴する料理を選ぶ「今年の一皿」。2016年は「パクチー料理」が選定されたと、ぐるなび総研から発表された。

今年の一皿は、飲食店情報サイト・ぐるなび上での検索内容と、ぐるなび会員約1,450万人を対象に実施したアンケートの結果から、キーワードを抽出。メディア関係者による審査を経て15のノミネートワードを絞り込み、決定されている。ことしで3回目。

パクチーは、独特の味と香りが特徴の野菜。英語ではコリアンダー、中国語では香菜(シャンツァイ)とも呼ばれる。

主にエスニック料理で「薬味」として使われているが、近年、山盛りのサラダや鍋などパクチーが「主役」のメニューが人気に。またカクテル、スイーツなど、さまざまなかたちで多くの飲食店に登場した。

あわせて、国内での生産者が増えたことで多くの量販店で買えるようになり、カレーやラーメン、スナック菓子など、加工品も多く登場。一般家庭まで広く普及したことも、選定理由にあげられている。

カルディ、パクチーフォー
手軽に食べられる「パクチーフォー」

準大賞には、国内外で評価が高まりつつある「日本ワイン」が選ばれ、特別賞には「進化系餃子」「ローストビーフ丼」「こうじ甘酒」とSNSなどで話題を呼んだメニューが名を連ねた。

全ノミネートワードは次のとおり(50音順)。
「伊勢うどん」「牛かつ」「熊本ラーメン」「シュラスコ」「しらす丼」「進化系餃子」「チョップドサラダ」「パクチー料理」「ローストビーフ丼」「カフェインレス飲料」「機能性チョコレート」「強炭酸ドリンク」「こうじ甘酒」「コーヒー」「日本ワイン」