フジッコ お米のような「ダイズライス」
(※画像の出典はすべてBeanus公式サイト)

フジッコのブランド「Beanus(ビーナス)」ブランドから大豆を主原料にした米状の食品「ダイズライス」が用いられた冷凍食品5種類が登場します。3月24日から公式オンラインショップで取り扱われます。

1月26日よりクラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」でダイズライス試作品を返礼品としたプロジェクトが実施され、その結果目標を大きく上回り、金額では523%達成し、評価も事前に目標とした基準を上回ったため、一般販売が決まりました。

ダイズライスは歯ごたえが楽しめる米のような見た目の大豆食品で、米よりも高タンパク質、低糖質。ほんのり優しい大豆の甘みと風味があり、「もちもち」と「プチプチ」の両方が感じられる食感も特徴。電子レンジで温めるだけですぐ食べられます。味のついていないプレーンタイプと調理済メニュー両方が用意されています。

それぞれの内容と販売価格は次の通り。表記は税込です。

プレーン

フジッコ お米のような「ダイズライス」

ダイズライス プレーンは150gで350円。1食あたり約24gのタンパク質が摂れます。味つけがされておらず好きな食べ方ができます。

ガパオ

フジッコ お米のような「ダイズライス」

「ダイズライス ガパオ」は165gで500円。バジルとナンプラーの香りがきかせられて仕上げられています。1食あたりタンパク質が約30g摂れます。

トムヤム

フジッコ お米のような「ダイズライス」

「ダイズライス トムヤム」は165gで500円。トムヤムクンがイメージされた炒めメニューです。1食当たりタンパク質が約27g摂れます。

黒ごまいなり

フジッコ お米のような「ダイズライス」

「ダイズライス 黒ごまいなり」は159gで400円。黒酢が用いられ、コクのある味わいに仕上げられています。1パックに3個入り。タンパク質が約21g摂れます。

梅いなり

フジッコ お米のような「ダイズライス」

「ダイズライス 梅いなり」は159gで400円。穏やかな梅の酸味としその香りがアクセント。1パックに3個入り。タンパク質が約20g摂れます。

公式サイトではそれぞれのアレンジレシピも紹介されています。また東京都内のレストラン「麻布十番 薬膳カレー新海」「T's レストラン」とコラボレーションが実施されていて、それぞれダイズライスが使われた薬膳カレーやキーマカレーが販売されています。