ヒルトン東京「マリー・アントワネット-王妃のお夜食」

ホテル「ヒルトン東京」1階「マーブルラウンジ」で、10月1日~11月12日の期間「マリー・アントワネット-王妃のマスカレード」スイーツビュッフェの開催に合わせ、ディナータイムではマスカレード(仮面舞踏会)後の王妃のお夜食をテーマにしたスイーツ&ディナービュッフェが用意されます。

販売価格は5,500円(税別、サービス料別、以下同じ)で土曜日、祝日は6,500円になります。利用可能な時間帯は18時30分~22時で、ビュッフェオープンは21時まで、ドリンクラスト―ダーは21時30分まで。

紫を基調に王妃のベッドルームがイメージされた空間で食事とスイーツを楽しめます。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット-王妃のお夜食」

スイーツはデザートワゴンで提供されます。薔薇のムースの中に杏子のジュレと果肉を忍ばせ、サクサク食感のメレンゲで王妃のパーティー用ウィッグがイメージされたケーキや、巨峰入りラベンダー風味のカシスジュレに加え、和栗をベースにしたオリジナルペーストを極細のモンブランクリーム器で絞り、できたてを楽しめる「和栗のモンブラン」も。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット-王妃のお夜食」

これに先立って提供される食事では、まず「栗とスイートポテトのハニーマスタードソース」や「柿とベリーのブルスケッタ」など、秋の味覚が用いられた前菜に始まり、チーズの断面を直火で温め、とろけるチーズをポテトなどの野菜にからめる「ラクレットチーズ」、氷に盛った「カニ」や海のミルク「オイスター」も登場。シェリーヴィネグレットなどと合わせ、好きなだけ楽しめます。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット-王妃のお夜食」

ヒルトン東京「マリー・アントワネット-王妃のお夜食」

主菜は牛サーロインと茸デュクセルをブリオッシュの生地で包んだパイ仕立てに、トリュフソースがたっぷり添えられた「ビーフ・ウェリントン」、パプリカパウダーやチリなどのスパイスでじっくりと焼き上げられる「ローストスパイシーラムレッグ」に加え、「くるみ入りパンプキン&ブルーチーズのグラタン」や「ミックスマッシュルームのフリカッセ」など、秋の食材が用いられた料理が味わえます。