ヒルトン東京「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」

ヒルトン東京1階「マーブルラウンジ」で、フランスの王妃マリー・アントワネットをテーマにしたデザートフェア「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」が7月1日から9月30日まで開催されます。

18世紀のフランスでファッションリーダーとして君臨したマリー・アントワネットから着想を得たフェア。レースやリボンを施したドレスや帽子、パステルカラーの靴、煌びやかな宝石など、マリー・アントワネットのドレスルームを覗いているような空間で、王妃に捧げるデザートの数々を楽しめます。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」

初夏のヴェルサイユ宮殿の庭園風エントランスを抜けると、ターコイズブルーを基調に、ゴールドとパステルカラーで彩られた空間が広がります。中央に螺旋階段が配され、2階まで吹き抜けの「マーブルラウンジ」は、今までの208席からゆったりとした160席に再編成。全テーブルには鳥籠型アフタヌーンティースタンドがセットされています。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」

デザートはビュッフェから取り分けるセルフサービスではなく、ワゴンが席をまわってスタッフがデザートサービスを行う新スタイル。新たに登場する「ライブステーション」では、シェフ達が要望に合わせてデザートを仕上げ、出来立てを一皿毎に用意します。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」

薔薇のホイップクリームで仕上げる香り高いショートケーキ「王妃のローズガーデン」や、おしゃれな王妃の帽子をイメージした「シャポー・ローズ」、たっぷりのラズベリーをトッピングした「ビスキュイをお食べなさい」などがラインナップ。涼しげなグラススイーツ、マカロン、マドレーヌなどもワゴンで届けられます。

ヒルトン東京「マリー・アントワネット スイーツ・オートクチュール」

ドリンクは高級紅茶ブランド、ロンネフェルト社が贈る初夏に相応しい紅茶10種類を含むセレクションを提供。中国緑茶をベースに薔薇の花びらとパイナップルピールをブレンドした「ドゥードロップ」や、マンゴーとシトラスの香りが人気の「モルゲンタウ」など、スイーツに合わせて味わえます。

【開催概要】
会場:ヒルトン東京1F「マーブルラウンジ」
期間:7月1日~9月30日
時間:14時30分~17時30分
料金:3,980円(土・日・祝日4,300円)※ 税金・サービス料別