博多菓匠左衛門「博多ぶらぶら」

博多銘菓のひとつ、「博多ぶらぶら」。昭和4年創業の老舗「博多菓匠 左衛門」から販売されている和菓子です。

インパクトのある顔が大きく描かれたパッケージ。この絵のモデルは、左衛門の現会長である田中治雄氏がモデルなのだとか。一度見たら忘れられない(?)ユニークなデザイン。


博多菓匠左衛門「博多ぶらぶら」
顔から脚はえてる

博多ぶらぶらは、“左衛門の命”と言うほどこだわっている餡ともちで作られた和菓子。北海道産の小豆と佐賀県のひよく米が使われています。第十九回 全国菓子大博覧会で内閣総理大臣賞を受賞。

博多菓匠左衛門「博多ぶらぶら」
ふた口サイズのお菓子がぎっしり

餡でもち米を包んだおはぎとも、もち生地で餡を包んだ大福とも異なる独特の形。包んであるアルミをはずそうと指で触れるだけで、形が崩れそうなほど柔らか。もっちもちの口あたりでびょーんと伸びます。まるでつきたてのおもちみたい!

博多菓匠左衛門「博多ぶらぶら」
硬くなってないのがすごい

餅にたっぷりついている餡はなめらかな口あたり。サラリと舌をなでてまろやかな甘みを広げます。ほのかにきいた塩気がまた絶妙。シンプルだからこそ、こだわりの光る一品です。

博多菓匠左衛門「博多ぶらぶら」
緑茶と合います

価格は6個入り600円~(税込)。福岡県の駅売店などのほか、左衛門のオンラインショップからも購入できます。