群馬の「温泉ちょこれーと」
温泉のミニチュアみたい!

草津温泉や四万温泉、伊香保温泉など多くの温泉地がある群馬県。“温泉大国”を象徴する「温泉ちょこれーと」を、群馬のアンテナショップ「ぐんまちゃん家」で発見しました。価格は1,080円(税込)。

群馬の「温泉ちょこれーと」
湯の国 群馬

温泉を描いたシックなパッケージ。箱を開けると…露天風呂が出現!硫黄特有の匂いのかわりに、甘い香りが漂ってきます。竹垣も石畳も岩風呂も全部チョコレート。こんなにおいしそうなお風呂見たことない。


群馬の「温泉ちょこれーと」
中のデザインも凝ってる

混浴ではなく、男湯と女湯にわかれています。それぞれ味わいが違うのがうれしいところ。

群馬の「温泉ちょこれーと」
温泉に来た気分でいただきます

男湯

竹垣は一番茶のみが使用された抹茶チョコ、岩風呂はミルクチョコ、石畳はアーモンドペーストと合わせたホワイトチョコ。竹垣のグリーンがなんともリアルです。

群馬の「温泉ちょこれーと」
竹垣が割れやすいのでご注意ください…

竹垣は抹茶とカカオニブのほろ苦さがマッチ。甘さよりも旨みが濃い印象です。そこにまろやかな甘さを加えてくれるのがミルクチョコ。アーモンドとパフも入っており、カリッサクッとした食感のアクセントになっています。

群馬の「温泉ちょこれーと」
味も食感も多層的

最も面積が広いのは石畳のホワイトチョコ。深いコクとアーモンドの香ばしさが口いっぱいに広がります。チョコレートとはいえ、温泉にかぶりついているとなんだか怪獣にでもなった気分。

群馬の「温泉ちょこれーと」
ガブリ

女湯

竹垣はみかんチョコ、岩風呂はコーヒー豆入りホワイトチョコ、石畳はアーモンドとパフ入りのミルクチョコ。岩風呂がちょっと大理石っぽく見えます。

群馬の「温泉ちょこれーと」
芸が細かい

みかんチョコはとっても爽やか。チョコの甘さの中にフルーティーな酸味とほのかな苦みが混じってきます。ホワイトチョコに入ったコーヒー豆もほろ苦さを後押し。すべてのチョコが合わさるとなんとも不思議な、でもクセになる味わいが楽しめます。

群馬の「温泉ちょこれーと」
コーヒー豆がおいしい

目でも舌でも楽しめる“食べられる温泉”。チョコ好きも温泉好きも要チェックです。