「日本酒はオジサンが飲むもの」。そんなイメージが強かったのはいつの頃までか。近年、日本酒を積極的に楽しむ人が増加している。実際に試飲会や日本酒イベントをのぞいてみると、女性(しかも若い!)がたくさんいるのだ。

自他ともに認める日本酒好きの筆者、春に開催された2つのイベントに潜入し、勢いよくおちょこを空にしていく女性たちのパワーに触れてきた。

人気日本酒イベントに潜入
人気日本酒イベントに潜入

◆“味”を楽しむ女性たち

5月に東京・銀座で開催された「郷酒フェスタ for WOMEN」。第1部は女性のみ、第2部は“女性と同伴男性”しか入場できないという、トンデモなイベント。おそらく、初の女性限定大規模日本酒イベントだろう。だが、計1,000枚用意されたチケットは3週間で完売し、最終的には600人のキャンセル待ちが出たそうだ。

第1部の開場と同時に入ってきたのはもちろん女性ばかり。全30蔵が出展したブースには、瞬く間に行列ができた。会場内はさながら“女子会”の様相を呈している。

たまにいる男性は、みな関係者
たまにいる男性は、みな関係者

さて、彼女たちはどのように日本酒を楽しんでいるのだろうか。眺めていると、並んでいるお酒を端から順に飲んでいく人が多い。そしてスタッフに尋ねているのは、製法よりも“味の違い”。あわせて、どういった料理とあわせるとよいか、という話題でも盛り上がっていた。スタッフが話したことをもとに、女性たちの口からは次々とアレンジ方法やアイデアが飛び出す。

ある酒蔵のスタッフは、「うちの蔵の酒は食中酒(食事とともに楽しむ酒)としてすすめています。おすすめの銘柄などを聞かれたら、手に持っているおつまみ、いま食べたいものなどから、合うものをお出ししています」と話してくれた。「大吟醸が飲みたい」とか「辛口が好き」とかそういった選び方もいいが、知識が全くなくても楽しめるということを、出展側と参加者、双方が示してくれたように感じた。

イベント終盤になると、気に入った銘柄を集中的に飲んでいる人たちが増える。「全部飲んだけどこれが一番おいしかった。もう4回目!」と話した麗しい2人組は、颯爽と次の“お気に入り”へと向かって歩いていった。その後ろ姿の、なんとたくましいことか。

それにしても、皆よく飲む
それにしても、皆よく飲む