女性向けの日本酒イベント「第2回 郷酒フェスタ for WOMEN」が、9月26日に時事通信ホール(東京・銀座)で開催される。今回は新たに外国人枠が設けられ、英語によるプレゼンテーションなどが予定されている。

女性向け日本酒イベント「郷酒フェスタ」が再来!
女性向け日本酒イベント「郷酒フェスタ」が再来!

郷酒フェスタ for WOMENは、5月に初開催されて好評を博したイベント。定員1,000名に対して600名のキャンセル待ちが出た。

2回目の開催となる今回は、全国から30蔵が参加。日本酒を中心として、スパークリング清酒、梅酒、焼酎など130種以上の酒を自由に試飲できる。東京ではなかなか味わえない、秋ならではの酒「秋上がり・ひやおろし」が多数登場し、即売会も実施される。また、バイオリン演奏や漫才、日本酒に関するセミナー、料理の販売なども行なわれる予定。

イベントは3部制。第1部が12時30分~14時30分(女性限定)、第2部が15時30分~17時30分(女性と同伴男性)、第3部が18時30分~20時30分(女性と外国人、英語対応)。定員は各回350人。会費は3,000円、前売り制。チケット購入は公式ホームページから。

郷酒(さとざけ)とは、酒蔵がある都道府県内および半径100km圏内で生産された米と水からつくられた酒のことを指す。イベント主催者である日本地酒協同組合が「故郷が生んだ生粋の地酒」として普及に務めている。