長野県の日本酒400種類以上が並ぶ展示試飲会「長野の酒メッセ in 大阪」が、4月20日に大阪新阪急ホテル(大阪市北区)で開催される。入場料は、前売券2,000円、当日券2,500円。

「長野の酒メッセ」、大阪&東京で開催
「長野の酒メッセ」、大阪&東京で開催

長野県の酒造メーカー約50社が出展。およそ400種類におよぶ清酒を試飲でき、長野県産の酒米のみを使った高品質の日本酒のコーナーも設けられる。入場時に渡されるオリジナルのお猪口(おちょこ)を手に、好きな銘柄を試飲できる。一般消費者の入場は17時から20時まで。

長野の酒メッセは、長野県では21回目、東京では12回目を迎えるイベント。昨年初めて大阪で開催され、約1,000人が来場したそうだ。

過去の大会のようす
過去の大会のようす

なお5月13日には、グランドプリンスホテル高輪(東京都港区)で東京大会が開催される。