おしゃれなカフェやファッション雑貨屋が立ち並ぶハイソな街、自由が丘。そんな自由が丘がいま“ミドリムシタウン”として新たな進化を遂げようとしています。

ミドリムシ商品を開発する株式会社ユーグレナと自由が丘とのコラボ企画として、ミドリムシを使った食べ物や飲み物、スイーツが自由が丘の飲食店で販売されているのです。その中には、ミドリムシ入りのタイカレーやベーグル、お好み焼きまであるのだとか!

ということで今回は、えん食べ編集部が特に気になった『ミドリムシのお好み焼き』を食べに行ってみることにしました!いったいどんな味なのでしょうか?

これがウワサの...?
これがウワサの...?

■ミドリムシお好み焼きが食べられるお店『嫩樹(どんきい)』へ

ミドリムシのお好み焼きが食べられるお店『嫩樹(どんきい)』は、自由が丘駅正面口から線路沿いに歩いて約5分のところにあります。路地を入ったところにあるビルの2階がお店です。

ここが入口です
ここが入口です

店内にはカウンター席とテーブル席があります。 BGM にはビートルズが流れていてオシャレな雰囲気。

あっタヌキがいる...
あっタヌキがいる...

■さっそくミドリムシメニューを注文してみる

ミドリムシが入ったメニューは、「特製ユーグレナお好み焼き」と「みどりのポテサラ」の2種類。せっかくなので、両方注文してみました。

ミドリムシ専用メニュー
ミドリムシ専用メニュー

■ミドリムシのポテサラを食べてみる

まず運ばれてきたのは、ミドリムシが入ったポテトサラダ「みどりのポテサラ」。さっそく食べてみます!

「みどりのポテサラ」はミドリムシの粉が練り込まれていて、ほんのり緑色をしています。ほくほくのじゃがいもに、みずみずしいきゅうりとたまねぎが加えられ、ピリッと効いた粗挽きコショウがアクセントになっています。


何かしらミドリムシっぽい味(?)を予想していたのですが、青臭さなどはまったくありません!おいしいポテサラです。おかみさん曰く、マヨネーズの味が強いのでミドリムシの味は消えちゃうのだとか。

■ミドリムシのお好み焼きを食べてみる

続いて今日のメインディッシュ、ミドリムシが入った「特製ユーグレナお好み焼き」が運ばれてきました!

「特製ユーグレナお好み焼き」は、生地にミドリムシ(ユーグレナ)の粉が練り込まれたお好み焼き。具材にはキャベツ、紅ショウガ、ベーコン、そしてアサリが入っています。

お好み焼きのプロであるおかみさんが、テーブル備え付けの鉄板で焼いてくれます。

生地が緑色なのはキャベツのせいじゃありませんよ!
生地が緑色なのはキャベツのせいじゃありませんよ!

お好み焼きが焼かれる音と香りが、胃袋を刺激してきます。

ジュージュー...
ジュージュー...

気さくなおかみさんと世間話をしながら待つこと約10分、ついにミドリムシのお好み焼きができあがりました!焼いてもやっぱり、生地はほんのり緑色です!

これがミドリムシお好み焼きだ!
これがミドリムシお好み焼きだ!

お好み焼きにつけるタレは、甘口と辛口の2種類。今回は、まろやかなマヨネーズと良く合いますよ、というおかみさんのオススメで辛口をチョイスしてみました。

一口食べてみると、アサリの磯の風味がふわりと鼻を抜けます。そこにカリッとしたベーコン、シャキシャキキャベツが合わさって、旨みと食感が倍増!ミドリムシの味は...やっぱりしません。

かすかに抹茶のような香りが...
かすかに抹茶のような香りが...

トッピングのマヨネーズにはミドリムシの粉がかかっていて、お好み焼きにつけて食べると抹茶のような香りがふっと鼻を抜けます。青のりの風味ともちょっと似ているかな?と思いましたが、実際に本物の青のりも乗っていたので結局のところ区別がつきませんでした。

■結論、ミドリムシのお好み焼きはおいしい

おかみさんによると、ミドリムシの粉には大麦若葉などが混ぜられて食べやすくなっているのだそう。なるほど、確かに藻や青汁のような強い味は主張してきませんでした。味も香りも控えめなので、ポテサラはポテサラ、お好み焼きはお好み焼きとして楽しむことができます。どちらも大変美味でしたよ!

■ミドリムシには、お通じをよくする効果も?

おかみさんによると、ミドリムシにはお通じを良くする効果もあるのだそうです。お腹を満たしてくれて、腸内のお掃除もしてくれるとは魅力的!今は男性客よりも女性客に人気があるというミドリムシメニューですが、今後は老若男女に愛されるヘルシーメニューとして定着していくかもしれませんね!