養命酒製造から「信州十四豚」

養命酒製造のオリジナルブランド豚「信州(シンシュウ)十四(ジューシー)豚(ポーク)」が使われたポークジャーキーが、公式オンラインショップに登場しました。販売価格は50gで890円(税込)。

「信州十四豚」ポークジャーキー

信州十四豚は、養命酒の抽出残渣(絞りかす)が加えられた飼料、南アルプスの井戸水が使われストレスが少ない環境で徹底した衛生管理のもと育られているオリジナルブランド豚と案内されています。

ジュワッと広がる脂の甘さと濃いうまみ、くさみがなく脂キレがよいやわらかな肉質が特徴。一度にたくさんの量を入荷できないため、従来は会報誌での通信販売を中心に案内を行われてきましたが、今回より多くの人が購入できるよう公式オンラインショップでの取り扱いが開始されました。

噛むほどに肉のうまみがしみ出す仕立て。赤身の豚モモ肉に下味が付けられてからじっくり乾燥、熟成させられ、肉の味わいを感じられるよう仕上げられています。

このほか「ロースハム 250g」(1,410円)、「カタロースハム 250g」(1,160円)、「ベーコン 200g」(900円)、「生ハム 150g」(930円)、「粗挽きソーセージ 150g」(490円)も用意されています。