吉野家「牛皿麦とろ御膳」
とろろと牛肉がベストマッチ

吉野家の季節メニュー「牛皿麦とろ御膳」を食べてきた。今年は牛肉の量が1.2倍に増えているそう。フンワリしたとろろと甘い牛肉のコンビをいつもよりたっぷり味わえる。

並盛690円(税込)。吉野家のたれで煮こんだ牛肉とたまねぎを盛りつけた牛皿、もち麦を加えたご飯、あらめにすりおろして醤油で下味をつけ青ノリをふりかけたナガイモ(とろろ)、しらすをのせたオクラ、みそ汁の合計5品が盆にのって出てくる。

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
さてどう組み合わせて食べよう

牛皿、とろろ、オクラはそれぞれ食感が異なり、「どのように合わせ、食べ進めるかは好み次第」と吉野家ではメニューで説明している。

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
牛皿

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
とろろ

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
オクラ

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
麦飯

すこし悩んだが、丼に入った麦飯のうえにハーフ&ハーフで牛皿ととろろをのせ、オクラはサイドメニューとして楽しむことに。

とろろはやわらかな舌ざわりで淡泊な風味。一緒にほおばった牛肉の甘じょっぱい味つけがかえって引き立つ。よく火の通ったタマネギの歯ざわりもよりはっきり感じられる。さらに麦飯も一緒に口の中に入れると、噛むごとにプチプチとした食感が加わって、さまざまな具材のバラエティを一度に楽しめる。

吉野家「牛皿麦とろ御膳」
とろろと牛皿をハーフ&ハーフ!

なおオクラは薄味で、ご飯のおかずというよりサラダ感覚で食べられる。もちろん牛皿との相性もよいので、丼の上がちょっときゅうくつになるのをいとわなければ、とろろと一緒にのっけてしまってもよさそう。どちらにしても、ネバネバ系のおかげでバテそうに暑い日でも味の濃いお肉をさらっとたいらげられる。