丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
冷たいうどんと熱々牛肉!

丸亀製麺で季節限定の「牛とろ玉うどん」を食べてきた。うどんは冷たくしてもらい、熱々の牛肉とのコントラストを利かせる。カスタマイズの自由度が高い丸亀らしい楽しみのある一杯。

牛とろ玉うどんは、甘からく味つけした牛肉にとろろと温泉玉子をからめて食べる。うどんは冷・温の2種類が選べ、今年は牛肉に加えタマネギが入った「玉とろ」うどんも登場している。いずれも並盛は690円(税込)。

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
卵!

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
割って肉やうどんとからめて食べる

ちょっと分かりにくいが「とろ玉」とだけ頼むとタマネギなしになり、「玉とろ」と頼むとタマネギありになるので、注文する際は間違えないようにしたい。

今回はタマネギなしの「とろ玉」を選ぶ。列に並んでうどんを受け取ったら、無料のトッピングコーナーで青々した刻みネギをどっさり、ついでに揚げ玉も少し。

牛とろ玉うどんの牛肉は、お店の人が目の前で鍋にダシと一緒に入れて火を通してくれる。席についてさっそく箸をつけてみると、なるほど「スキヤキ」の味。あまじょっぱく、卵をからめるとまろやかになる。意外にも、とろろとも相性がよく、肉の強い味つけをやわらげてくれる。

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
肉は目の前で鍋に入れて火を通してくれる

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
甘じょっぱい味つけはスキヤキを思わせる

なんだか居酒屋などで鍋料理を頼んだあとの、「シメのうどん」を最初から食べているような気分になる。とはいえ冷たいうどんに熱々の牛肉を合わせるというのは、ほかではあまりできない体験。

丸亀製麺「牛とろ玉うどん」
冷たいうどんはコシがあって美味

ひんやりしたうどんはコシがあって、のどごしもよく、外の気温が高くちょっとバテ気味になっていても、どんどん食べられる。

熱々の肉をふうふう言ってほおばってから、冷たいうどんをつるつるたぐる、ということを交互にくりかえすととても心地がよい。暑い日にこそふさわしいメニュー。