吉野家「ねぎ塩豚丼」
柑橘と豚肉!

吉野家の季節メニュー「ねぎ塩豚丼」が登場していたので食べてきた。柑橘(かんきつ)の香るさっぱりした味つけながら、食べごたえはしっかりしている。

タマネギ、長ネギを漬かったねぎ塩だれに、香りが強く食欲をそそるガーリックとゴマ油を配合し、五穀酢、グレープフルーツビネガー、シークワーサー果汁を入れて酸味とキレを出しているとか。豚のほか、牛カルビ、鶏もあるが、定番の豚丼を注文する。価格は並盛490円(税込)。

吉野家「ねぎ塩豚丼」
見た目からいつもの牛丼との違いを主張してくる

テーブルに運ばれてきた丼は、まず白い薄切りの豚肉と緑のネギという見ためが、いつもの牛丼との違いを感じさせる。薬味としてユズコショウも添えられていているので、さっそく封を切ってつける。

吉野家「ねぎ塩豚丼」
ユズコショウつき

豚肉はひときれひときれが大きく、箸でつまみあげるとボリュームを感じる。お米と一緒にかきこむと、多種多様な柑橘のにおいが混ざって口いっぱいに広がり、すっと鼻に抜けるように快い。タマネギもさっぱりした火の通りで、いつもの牛丼の甘じょっぱい味とは違うものを楽しみたいときにぴったり。

吉野家「ねぎ塩豚丼」
さっそくまぶしてみる

豚肉には脂も入っていて、とても食べごたえがあるはずなのだが、グレープフルーツ、シークワーサー、ユズの香りとほんのりしたすっぱさのおかげであっさりした印象を受け、自然と箸が進む。特にユズコショウが肉のうまみをひきたてていた。

吉野家「ねぎ塩豚丼」
さっぱり味なのに食べごたえはガッツリあって良い

ただし、ユズコショウはいちどに肉にまぶしてほおばると、すぐなくなってしまうので、少しずつ薬味として使いながら楽しむのがよさそう。定番、とは言わなくても暑い季節にはずっと置いておいてほしいメニューだ。