岡むら屋「春キャベツ肉めし」
塊肉とキャベツ!

岡むら屋の「春キャベツ肉めし」を食べてきた。こってりした牛の塊(かたまり)肉と、どっさりの野菜がよく合う。ショウガの香りもかぐわしい一杯だ。

価格は650円(税込)。お店に入って注文したのがランチタイムの終わりごろで、そろそろ席が空き始めていたせいか、牛丼並の速さで登場した。お腹が減っていたのでうれしい。

岡むら屋「春キャベツ肉めし」
キャベツ山盛り

名前の通り丼に山盛りにキャベツが載り、さらに刻みショウガもたっぷりかけてあって、香りはさわやか。火は通してあるようだが、パリパリ、シャクシャクと歯ごたえは残っている。居酒屋などで出てくる「やみつきキャベツ」に近い、と言えば伝わるだろうか。

岡むら屋「春キャベツ肉めし」
「やみつきキャベツ」が肉めしに載っている感じ

ただし、キャベツそのものは塩気があまりなくさっぱりしていて、そのまま薄く味つけた温サラダの感覚でいけてしまう。

岡むら屋「春キャベツ肉めし」
味つけはさっぱり

一方、ゴロゴロした牛肉は脂もうまみもあって濃厚。甘じょっぱいダシもよくしみていて、食べごたえがある。この肉とキャベツを一緒にほおばると、互いが補い合ってとてもおいしい。

岡むら屋「春キャベツ肉めし」
塊肉は濃厚

いろどりの違い、歯ざわりの違い、味の濃淡の違いなどそれぞれはっきりしたコントラストになっていて面白い。また岡むら屋の肉めしは、キュルキュルした食感のコンニャクや、ふわっとした食感の豆腐も入っているが、いずれもキャベツとの相性はよい。

キャベツが薄味なおかげで、濃味の肉や豆腐、コンニャクなどは、お米なしでもどんどん平らげられる。そのため今回は丼のご飯がちょっぴりあまってしまい、最後はテーブルに備えつけのベニショウガをとって調整した。ちなみに、これはこれで悪くない。