岡むら屋の「牛めし」
牛バラごろごろの牛丼

東京・新橋などにある「岡むら屋」の「肉めし」は、かたまりの牛肉がゴロゴロ入っておいしい。値段も490円(税込)からと手頃。

岡むら屋はいわゆる牛丼チェーンの一種とも言えるが、お店の数は少なく、新橋のほか新宿と田町などに展開するのみ。知っている人は知っているが、知らない人も多いだろう。

新橋名物「岡むら屋」
新橋などに数店舗がある

新橋のお店は駅のそばで入りやすい。定番の「肉めし」(490円)は頼むとあまり待たずに出てくるファストフードで、そこはほかの牛丼チェーンと同じ。

岡むら屋の「肉めし」
コンニャクと豆腐も入っている

一口大に切ったごろごろの牛肉とコンニャク、タマネギ、ぶあつく広く切った豆腐などが載っている。肉はほんのり甘くしょっぱいだしで煮込んであって、例えるなら「すき焼き」と「角煮」の中間だろうか。歯を立てるとほろほろと崩れる。

岡むら屋の肉めし
ごろごろ肉

コンニャクはとてもよくだしがしみていて、かじると肉そのものよりも肉の風味が味わえると思えるほど。厚く切った豆腐も、やはりしっかり牛バラの味がついていて、それぞれごはんのおかずとして最適。

肉めしのコンニャク
だしがしみたコンニャクもうまい

肉飯に入っている豆腐
豆腐はぶあついのだ

さらに、ごはんそのものにもだしがしみているので、卓上にある紅ショウガをのせてそれだけで食べるのもおいしい。いつもとちょっと違う牛丼が食べたいという時に悪くない一杯だ。

岡むら屋 新橋店
東京都港区新橋2-16-1
岡むら屋 新橋店
住所:東京都港区新橋2-16-1