「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
振りかけるだけで、燻製ができちゃう

お酒好きにとって“燻製”って抜群のおつまみですよね。自分で作れたら最高だけど、家で煙を立てるわけにもいかず、なかなか難しいのが現状。

そんな折に発見したのが朝岡スパイスの「燻製パウダー」!燻製の香りを閉じ込めた調味料(白い粉)なのですが、これがとっても便利!振りかけるだけで“スモークチーズ”や“スモークサーモン”ができちゃうんです。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
お手軽!燻製パウダー

●おすすめの使い方

カレーライスやステーキなど、いろいろな料理に振りかけて燻製風味をつけることができる燻製パウダー。中でも編集部が実際に試してみて、これはおすすめ!と思ったレシピを3つ厳選してご紹介します。

ちなみに燻製パウダーは香りだけで、味はしません。口あたりはフワフワしています。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
フワッとした白い粉

1、煮たまご
お好みの硬さのゆでたまごを作ったら、殻をむき、タッパーや小瓶で燻製パウダーを加え混ぜた麺つゆに漬けます。一日置いておくとしっかり味が付くので理想的。今回は2倍濃縮の麺つゆを少し水で薄めて、燻製パウダーを加え溶かし、ここにたまごを一晩漬けました。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
瓶で一晩漬けました

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選

うますぎる。かぶりつくと、ほどよいしょっぱ味とだしの風味、そして燻製の香ばしさが口いっぱいに広がります。半熟の黄身のまろやかなコクを包み込む、スモーキーな香りがたまらない!

2、チーズ
市販の6Pチーズに燻製パウダーを振りかけるだけ。量はお好みで調整してください。ただ、少量でもしっかりスモークフレーバーが付くので、かけすぎないように注意。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
ぱらぱら

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
完成!

見た目は普通のチーズなのに、食べると完全なるスモークチーズ!クリーミーなチーズのコクと燻製の香りが舌の上でとろけ、猛烈にビールやワインが欲しくなります。最高のおつまみ。

3、鶏ハム
鶏むね肉を使います。肉にフォークでまんべんなく穴をあけ、ビニール袋へ。この中に塩と酒、砂糖、そして燻製パウダーを適量ずつ入れてよくもみ込みます。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
フォークで穴をあけ

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
塩、砂糖、酒、燻製パウダーを入れて

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
よくもみ込む

水気がなくなるまでよくもみ込んだら、きっちりラップにくるんで沸騰したお湯に投入。中火で5分ほどゆでたら火を止め、落としぶた(アルミホイルでOK)と鍋のふたをして予熱で火を通します。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
ラップにくるんで

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選
茹でる。このあとふたをして予熱でじっくり火を通して

完全に冷めたらできあがり!切ってみて中がまだ赤みがかっていたら、電子レンジで火が通るまで追加加熱してください。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選

これがめちゃくちゃウマい!しっとりジューシーな鶏ハムの淡白なうまみを、ほんのりスモーキーな燻製の香りがふわっと包み込みます。じっくり燻したような、上品な香ばしさがチキンの味とよく合う!

コショウや粒マスタードでピリッと辛いアクセントを加えても美味。お酒のおつまみにはもちろん、食卓のメインのおかずとしても活躍できる一品です。

「燻製パウダー」を使ったおすすめレシピ3選

パウダー(粉)で燻製の香りをつけるって最初はちょっと違和感あるかもしれませんが、調味料に混ぜちゃえば全然気づかないし、そのまま食材に振りかけてもフワッと溶けてすぐに馴染むので、粉っぽさはまったく感じません。

通販サイトや一部スーパーなどで販売されていて、編集部は530円(税別)で購入しました。調味料として安くはありませんが、少量でもしっかり香りがつくのでコスパは良いと思いますよ!燻製好きは手に入れて損はないと思います。