サンクトガーレン「アップルシナモンエール」
クリスマス限定ラベルで登場

焼りんごを使ったお酒「アップルシナモンエール」のクリスマス限定ラベルが、サンクトガーレンから販売されている。

「カラメルモルト」を使った琥珀(こはく)色のお酒。ビールを作るための麦芽(モルト)をトーストのように軽く焦がしてカラメルのような甘く香ばしい味を出し、焼りんご、シナモン、メープルシュガーを加えている。アップルパイのような風味に仕上げられているのだそう。

焼りんごのイメージ
長野のりんご

焼りんごに使っているのは長野県伊那市の“はねだし”。1回の仕込みに約500個を用意し、それを地元の製パン店で焼くところから手作りしているとか。

焼りんごのイメージ
焼りんごに

冷やしてはもちろん、温めても楽しめるとのこと。ちなみに酒税法で認められている以上の量の果実を使うため、日本では「発泡酒」扱いになるが、麦芽率が高いため税率はビールと同じ。内容量330mlで想定価格は429円(税別)。12月末まで販売予定だ。