たらみの「カロリコカロリカ0kcal 260g シリーズ ソルティライチ」
塩分補給、塩分補給

暑い季節は、水分だけでなく塩分の補給も大事だ。もちろん、とりすぎれば体によくないが、しかし意識はしておきたい。ちょうどコンビニエンスストアで「ソルティライチ」のゼリーが売っていたので買った。「カロリコカロリカ」ブランドの製品だ。

正式名は、たらみの「カロリコカロリカ0kcal 260g シリーズ ソルティライチ」。価格は194円(税込)。ちなみに「0kcal」というのは100g当たり5kcal未満のことだそう。

たらみの「カロリコカロリカ0kcal 260g シリーズ ソルティライチ」
どっしり量がある

ご飯をしっかり食べたあと、甘味にまで手をのばすのはやりすぎではと、いさめる心の声がするが、いや熱中症への備えだと反論しながら開封する。

フタのふちぎりぎりまでみっちりゼリー。とりあえずグラスにとりわけてみるが、結構ボリュームがありそうだ。一口スプーンですくって舌に落とすと、あまり塩気を感じない。むしろやさしい甘さだ。

たらみの「カロリコカロリカ0kcal 260g シリーズ ソルティライチ」
グラスに入ってる量は全体の半分以下

なるほどライチは香り、レモンの酸味もある。ただのフルーツゼリーかなと思っていると、後味にほのかなしょっぱさ。柑橘の酸味にまぎれて舌に残る。

もうちょっと確かめないと分からないな、とスプーンで掘っていくと何かにあたる。はじめ半透明なゼリーに隠れて見えなかったが、容器の下の方にはナタデココがごろごろしていた。すくってかじるとコリコリした歯ごたえで、しっかり固形物を食べている満足感がある。

たらみの「カロリコカロリカ0kcal 260g シリーズ ソルティライチ」
ナタデココがぎっしり入ってた

ナタデココはほかのフレーバーとうまくあわせると引き立つよねと、にこにこしながら味わううちにゼリーはすべてなくなる。小腹もだいぶふさがった。でもこれは塩分・水分補給。おやつではないのだ。おいしかった。