キリンビバレッジは、『キリン 世界のKitchenから』ブランドから、やさしい甘みとコクのあるデザート飲料「ミルクと桃ととろけるバナナ」を、3月26日に全国で発売する。希望小売価格は120円。

 

「キリン 世界のKitchenから ミルクと桃ととろけるバナナ」

「キリン 世界のKitchenから ミルクと桃ととろけるバナナ」

 

「世界のKitchenから」シリーズは、世界中のお母さんの、家族へのやさしい想いとおいしさの知恵をヒントに、日本人の味覚に合うように“ひとてま”加えたおいしさを届けるブランド。

今回登場する「ミルクと桃ととろけるバナナ」は、昨年4月に発売した「とろけるミルク杏仁」に引き続き、台湾のお母さんの知恵から、台湾に根付くヘルシーデザート『水果豆花(フルーツトーファ)』をヒントに開発。エネルギーの源として日本人に馴染みの深いバナナに着目し、丁寧に裏ごししたバナナとやわらかい甘みのある桃をあわせた。そこに、ミルクで溶きあわせた大豆素材と寒天を加えることで、やさしい甘みとコクを引き出し、なめらかな食感に仕上げたという。


パッケージは、バナナと桃のおいしさが溶けあってできた“とろりとまろやかな味わい”を、やわらかな丸みのある黄色とピンクの柄とグラデーションの色面で表現している。

なお同日、同シリーズ「真っ赤な果実のビタミーナ」もリニューアル発売。新たに 280ml ペットボトル商品が加わる。希望小売価格は120円。