「牛乳を注ぐ女 マンマローザ」大塚国際美術館オリジナル

大塚国際美術館で、オリジナル商品「牛乳を注ぐ女 マンマローザ」が販売されています。5個入り、特製ポストカード付きで、価格は864円(税込)。美術館公式ホームページより通信販売でも購入可能。

牛乳を注ぐ女 マンマローザ

「徳島酪菓マンマローザ」は、徳島県産牛乳を使用したしっとりとした滑らかなミルク餡が特徴の乳菓。世代を超えて楽しめる、優しく、どこか懐かしい味わい。徳島土産として支持されているほか、自宅用・贈答品でも人気です。

「牛乳を注ぐ女」は数ある所蔵絵画の中でも人気絵画のひとつでファンも多く、また、徳島でお菓子作りをして35年のイルローザの代表菓子であるマンマローザとの相性も良いと考え、絵画を元にパッケージをデザインされました。

フェルメール「牛乳を注ぐ女」

オランダ黄金時代の画家ヤン・フェルメールが1660年頃に描いた絵画。メイドが、牛乳を土鍋に丁寧に注ぎ入れ、食事の準備をする情景が描かれています。大塚国際美術館ではこの作品を陶板で原寸大に再現し、展示しています。