とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

虎屋(とらや)で春の訪れを楽しめるような和菓子が順次販売されます。苺(いちご)の味わいの羊羹や、桜にちなんだ生菓子などが取り扱われます。

小形羊羹『いちご』

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「小形羊羹『いちご』」は2月15日~3月下旬に数量限定で販売されます。販売価格は1本292円(税込、以下同じ)。

こし餡(あん)に苺が合わせられた季節限定の小形羊羹。苺のやさしい風味が春を感じさせる仕立てとされています。

春いろ詰合せ1号

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「春いろ詰合せ1号」は2月15日~3月下旬に数量限定で取り扱われます。販売価格は1箱2,160円。

黄色やピンクの蝶々が舞う春限定の化粧箱に小形羊羹『いちご』と、とらやの最中(もなか)3種が詰め合わせられています。内容は次の通り。

・ 小形羊羹『いちご』 × 4本
・ 最中『御代の春 紅』 × 1個
・ 最中『御代の春 白』 × 1個
・ 最中『弥栄』 × 1個

『桜餅』御膳餡入

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「『桜餅』御膳餡入」は2月25日~4月10日に生菓子取扱店ほか一部店舗で販売されます。なお店舗により販売時期が異なる場合があります。販売価格は1個476円。

薄くのばされ焼かれた生地で御膳餡が包まれ、 塩漬けされた桜葉で巻かれています。桜葉のほのかな香りも楽しめます。

薯蕷製『初桜』

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「薯蕷製『初桜』」は3月4~15日に関東地方、京都の生菓子取扱店で販売されます。販売価格は1個454円。

とらやによると「初桜」は 「初花」ともいい、その年に初めて咲いた桜の花を指します。白の薯蕷生地で紅の羊羹製がはさまれ、 桜の初々しさが感じられます。

羊羹製『手折桜』白餡入

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「羊羹製『手折桜』白餡入」は3月16日~31日に生菓子取扱店で購入可能。販売価格は1個486円。

「春を謳歌するように咲く桜の美しさは、自分だけで賞美するだけではなく、手で折って持ち帰りたい。」 という日本人の桜への想いが込められた菓子とされています。

季節の羊羹『桜の里』

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「季節の羊羹『桜の里』」は3月上旬~4月上旬に取り扱われます。販売価格は中形1本が1,944円。

道明寺羹と塩漬けにされた桜の葉を細かく刻み入れられた煉羊羹で作られています。 道明寺製の桜餅にも似た食感と桜葉のほのかな香りを楽しめます。

春パッケージ小形羊羹

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「春パッケージ小形羊羹」は2月15日~4月上旬に販売されます。販売価格は1本292円

定番の「小倉羊羹 『夜の梅』」「抹茶入羊羹 『新緑』」「黒砂糖入羊羹『おもかげ』」が桜モチーフの春限定のパッケージに収められています。

春小形羊羹5本入 虎柄化粧箱

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「春小形羊羹5本入 虎柄化粧箱」は2月15日~3月下旬に取り扱われます。販売価格は1,620円。

ほがらかな虎の絵がにぎやかに配された化粧箱に春パッケージ小形羊羹が詰め合わせられています。内容は次の通り。

・ 春パッケージ小形羊羹『夜の梅』 × 2本
・ 春パッケージ小形羊羹『おもかげ』 × 2本
・ 春パッケージ小形羊羹『新緑』 × 1 本

最中『御代の春 紅』

とらや 春の訪れ楽しむ和菓子

「最中『御代の春 紅』」は通年販売されています。販売価格は1個216円。

桜がかたどられた紅色の皮に白餡が詰められた一品。平和がいつまでも続くようにと思いが込められた、おめでたい菓銘とされています。