gooランキング「結局一番うまい缶ビールランキング」

世の中のあらゆる「こと・もの」をランキング化するランキング情報サイト「gooランキング(グーランキング)」が、スーパーやコンビニで手軽に買える缶ビールをテーマに、結局一番うまいのはどの商品なのかについて調査・ランキング化しました。集計期間は2021年6月16日~2021年6月30日。

3位 ザ・プレミアム・モルツ

1989年に地域限定で発売された「モルツ・スーパープレミアム」を前身とし、2003年から全国販売されている「ザ・プレミアム・モルツ」。材料となる麦芽とホップ、天然水、そして“神泡”と呼ばれるきめの細かな泡にこだわった商品です。深層地下水を使用した天然水醸造とうまみ成分を豊富に含んだダイヤモンド麦芽、華やかな香りの欧州産アロマホップを手間のかかる製法で仕上げ、クリーミーな神泡が素材の良さを引き立ててくれる本商品。ビール好きに愛されるのもうなずけますね。

2位 キリン一番搾り生ビール

1990年に発売され、2020年に30周年を迎えた「キリン一番搾り生ビール」。ろ過の工程で最初に流れ出る麦汁のみを使う高コストな製法を用いながら、毎日でも気軽に飲めるようにと通常価格で提供されている定番商品です。雑味のない澄み切った味わいにするため、一般的なビール製造で使用される二番搾りの麦汁をブレンドせず、一番搾りの麦汁のみを使うことにこだわった本商品。麦芽をぜいたくに使用し、麦のうまみが存分に引き出されているのもポイントですね。

1位 アサヒスーパードライ

1987年に日本初の辛口ビールとして発売された「アサヒスーパードライ」。酵母と原材料、製法に徹底的にこだわり、洗練されたクリアな味を実現するため、常に研究・開発が続けられています。長きにわたって酵母の厳選や醸造技術の最適化を重ね、2020年にはアサヒビール自らが「史上最高のうまさを実現」とまで評した本商品。すべての工程に対する徹底したこだわりこそが、人気の理由なのかもしれませんね。発売直後から爆発的にヒットし、ビール業界に「ドライ戦争」を巻き起こしたロングセラー、「アサヒスーパードライ」が1位となりました。