スープストックトーキョー「オマール海老のビスク」と「バターチキンカレー」

1999年に創業した食べるスープの専門店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」。丁寧に選んだ食材の風味を活かしたこだわりのスープが展開されています。

スープの美味しさはもちろん、定番から季節の味まで豊富なラインナップも魅力。週ごと店舗ごとにメニューが変わり、行く度に様々なスープに出会えます。その中で1番人気の看板メニュー「オマール海老のビスク」を実食レビュー。

オマール海老のビスク

ビスクとは、海老・蟹など甲殻類で作るスープの総称。「オマール海老のビスク」は、カナダから送られてくるオマール海老の頭を直火釜でじっくりソテーし、トマトや香味野菜を加えて煮込み、絞って丁寧に濾した“だし”を使用。別の鍋でも香味野菜をじっくり炒めてワインやトマトを加え、そこにオマール海老のだしを合わせています。隠し味は蜂蜜と少々のブランデー。仕上げに牛乳と生クリームを加えて完成です。

スープストックトーキョー「オマール海老のビスク」

濃いオレンジ色のスープは、とろっとなめらかな口あたり。素材の旨みがひと口にギュッと凝縮されていてとても濃厚!香ばしさ、甘み、ほのかな酸味が一体となって広がり、後味に深いコクが残ります。手間ひまをかけて作られていることがわかる、深みのある味わい。最近は具材がゴロゴロ入っているスープも人気ですが、こちらは大きな具はなし。その分、溶け込んだ素材の風味をとことん堪能できます。

スープストックトーキョー「オマール海老のビスク」

「オマール海老のビスク」単品レギュラーサイズのテイクアウト価格は637円(税込)。一杯のスープに旨みが詰まっており、価格以上の満足感。人気なのも納得の美味しさでした。