「MARUCHAN QTTA コク味噌味」濃厚なスープがクセになる一杯

東洋水産から、カップ入り即席麺「MARUCHAN QTTA コク味噌味」が3月22日に発売されます。想定価格は193円(税別)。

「MARUCHAN QTTA」は、しっかりとした食べごたえがあり、食べた人に「はぁ~、くった~」とホッと一息ついて前向きな気持ちになってもらいたいをコンセプトにした「たて型カップ麺」。この度、濃厚なスープがクセになる「コク味噌味」が登場します。

「MARUCHAN QTTA」シリーズでは、フレーバーに合わせた独自製法の麺を採用しています。この度の商品では、ラードを使用した油で揚げた香ばしい風味の麺を、独自製法の「つやもち製法」で、なめらかでモチモチとした食感に仕上げられます。

「コク味噌味」は、麺から染み出るラードの旨味と濃厚なスープがマッチした、やみつきになる味わい。甘味とコクと香ばしい風味を絶妙なバランスに仕上げています。ポークの旨味をベースに、ラードなどでコクと調理感を、ガーリック・ジンジャー・カイエンペッパーの香辛料でインパクトとやみつき感を付けた濃厚な味噌味スープです。

具材は、キャベツ、味付豚肉、コーン、ねぎ、となっています。