赤福から冬だけの「赤福ぜんざい」
赤福ぜんざい(※画像の出典は赤福公式サイト)

三重・伊勢の土産として有名なお菓子「赤福」ブランドから、季節限定メニューとして「赤福ぜんざい」の販売が開始されました。赤福の公式サイトでこのほど発表されたもの。

販売価格は530円(税込)。赤福ぜんざいは冬の甘味で、ぜんざいに入る大粒の大納言小豆は雑味を残さず、また小豆の粒と風味を損なわないように丁寧に炊き上げられているのが特徴。ぜんざいに入る餅は注文を受けてから焼きあげられた焼餅が使われています。これに加え、一杯のぜんざいをおいしく楽しめるよう、「塩ふき昆布」が口直しとして添えられています。

なお、販売を開始した昭和41年(1966年)当初は「赤福しるこ」として取り扱われていました。しかしその後さまざまな改良が重ねられ、昭和62年(1987年)には名称も「赤福ぜんざい」と変更され、今に続いています。取り扱い店舗は次の通り。

・ 「ジェイアール名古屋 タカシマヤ店」
・ 「松坂屋 名古屋店」
・ 「EXPASA御在所上り線 赤福茶屋」