オーベルジーヌ監修 欧風カレー

日清食品から、「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」が7月13日に発売されます。想定価格は263円(税別)。

東京・四谷に店舗を構える「オーベルジーヌ」は、1986年創業の宅配欧風カレー専門店。手作りにこだわった本格カレーは、映画やテレビの出演者やスタッフが撮影・収録現場で食べる“ロケ弁”として芸能界で絶大な支持を集めており、これまでにテレビや雑誌などで数多く紹介されています。

昨年(2019年)10月に発売された「オーベルジーヌ監修 ビーフカレーヌードル」は、「オーベルジーヌ」の人気メニューである「ビーフカレー 中辛口」の本格的な味わいをカップ麺で表現し、大好評だったそう。今回登場する「オーベルジーヌ監修 欧風カレー」は、同店の「ビーフカレー 中辛口」を“湯かけ5分”で食べられるカップメシとしてアレンジした商品です。

72時間煮込んだ玉ねぎの究極の甘みと20種類以上のスパイスの後引く辛みが特徴のカレールゥに、ビーフの旨みと生クリームのコクを加えた「オーベルジーヌ」独特の味わいを再現。具材はダイスミンチ、グリルドオニオン、ニンジン。

オーベルジーヌ監修 欧風カレー