フレッシュネスバーガーの“低糖質バンズ”

ハンバーガーチェーン「フレッシュネスバーガー」に、“低糖質バンズ”があるのをご存知でしょうか?美味しさはもちろん、気になるカロリーや糖質量、価格をチェックしてみました!

■ 低糖質バンズ
フレッシュネスでは、すべてのバーガーのバンズをプラス60円で「低糖質バンズ」へ変更可能。通常のゴマバンズと比較して、糖質を約45%オフできます。提供されている3種のバンズ(パンプキンバンズ、ゴマバンズ、低糖質バンズ)の栄養成分値は以下の通り。

・ パンプキンバンズ
カロリー:142kcal
たんぱく質:4g
脂質:3.1g
炭水化物:23.6g(食物繊維1g、糖質22.6g

・ ゴマバンズ
カロリー:162kcal
たんぱく質:5.4g
脂質:2.5g
炭水化物:27.9g(食物繊維1.2g、糖質26.7g

・ 低糖質バンズ
カロリー:118kcal
たんぱく質:4.7g
脂質:2.5g
炭水化物:24.5g(食物繊維9.7g、糖質14.8g

■ 気になるお味は?
筆者は「クラシックチーズバーガー」のバンズを“低糖質バンズ”に変更。クォーターパウンド(113g)のパティ、シャキッとした歯ごたえの新鮮野菜、厚切りスライスのレッドチェダーチーズをサンドしたバーガーです。価格は600円(単体)+60円(バンズ変更)で、660円。※セットは別料金

フレッシュネスバーガーの“低糖質バンズ”
低糖質バンズ

低糖質バンズは、小麦の一部を食物繊維に置き換えることで味を損なわずに糖質をカット。通常の小麦粉より栄養価が高く、食物繊維やビタミンB1、鉄分などが豊富な「全粒粉」を使用し、焼いた時の香ばしさや栄養にもこだわっているそう。ぱっと見は、普通のバーガーとほとんど変わりません。

フレッシュネスバーガーの“低糖質バンズ”

実際に食べてみても、低糖質バンズであることを感じさせない美味しさ!ふんわり香ばしく、ジューシーなパティやフレッシュな野菜との相性も◎!この美味しさで糖質45%オフは嬉しすぎる~!

フレッシュネスバーガーの“低糖質バンズ”

また、クラシックバーガーは、素材本来の味を生かすため味付けはあえてシンプルに塩とコショウのみ。お好みで「ワールドスパイス」コーナーにある、ケチャップやソースなどを組み合わせて楽しむのもおすすめです。

フレッシュネスバーガーの「ワールドスパイス」コーナー

罪悪感と糖質は控えめに、美味しさはそのまま楽しめるフレッシュネスバーガーの“低糖質バンズ”。ゆるっと糖質制限中の方はぜひ一度試してみて!

※価格はすべて税込