スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「中目黒 ウェイ」と「ロースタリー アンバーエール」

今年(2019年)2月、東京・中目黒にオープンした「スターバックス リザーブ ロースタリー 東京」。1階のメインバー、2階のティバーナ バーに行ってからだいぶ時間が経ってしまいましたが、今回は3階の「アリビアーモ バー」をレポートします。

階段で3階へ上がると、スターバックス リザーブのコーヒーカードで作られたカラフルな壁がお出迎え。進むと実験器具のようなサイロがあり、さらに奥にはたくさんの種類のお酒やグラスが並ぶバーカウンターがあります。まるでホテルにあるバーのような大人の雰囲気。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京

◆独創的なメニュー

コーヒーやティーをモチーフにしたここ限定のカクテルが豊富にラインナップ。お酒を使用していないカクテルやコーヒーも販売されています。

「ロースタリー アンバーエール」は、スターバックス リザーブ ロースタリー 東京で焙煎したコーヒー豆を使ったクラフトビール。コーヒーを思わせる美しい琥珀色です。価格はハーフパイント900円(税別)。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「ロースタリー アンバーエール」

鼻を近づけると香りはビール。でもひと口飲んだ瞬間、コーヒーの風味が鮮やかに広がります。ビールとコーヒーそれぞれの香ばしさがリンクして生み出される深いコク。最後に苦みが舌をなで、力強い余韻を残します。店内で買えるイタリアンベーカリー「Princi(プリンチ)」のピザと合わせたら最高な予感。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「ロースタリー アンバーエール」

中目黒に来たならぜひとも飲みたい「中目黒 ウェイ」は、お酒を使用していないカクテル。シェイクしたコールド ブリューにトニックウォーターとキノットソーダが合わされています。価格は1,500円(税別)。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「中目黒 ウェイ」

使われたコーヒー豆は「タンザニア イロマ」。レモンを思わせる風味が特徴で、確かにフルーティーな酸味を感じます。そこに甘みと苦みが重なった複雑な味わい。口内で優しく弾ける炭酸の泡がすっきりとした後味へ導きます。

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「中目黒 ウェイ」のコーヒーカード

スターバックス リザーブ ロースタリー 東京「中目黒 ウェイ」

バーの脇には開放的なテラス席があるので、中目黒の街並みを眺めながら一杯、なんてのも素敵。ロースタリー 東京に来たら、スターバックス リザーブならではの独創的なカクテルに酔いしれてみて。
スターバックス リザーブ ロースタリー 東京
住所:東京都目黒区青葉台2-19-23