ゆでたろう「天中華」
天ぷらのせラーメン!

ソバチェーン「ゆでたろう」で販売中の、天ぷらがのったラーメン「天中華」を食べてみました。万人にお勧めできるメニューではありませんが、B級グルメ好きなら試してみて損はない一品です。

ゆでたろう「天中華」
赤トウガラシは薬味として足しました

価格は単品450円(税込、以下同じ)、コロッケとご飯つきのセットが550円。今回は単品を選びました。青森・津軽発の麺料理で、鶏、豚と魚介のスープに麺を浮かべ、海苔をのせ、えび天を一本横たえ、メンマを添えています。後から別皿の刻みネギをかけて食べるシンプルなラーメン。好みでソバ用の薬味を追加するのもありです。

ゆでたろう「天中華」
シンプル

えび天はふわふわの衣がついていて、スープをたっぷりと吸います。ずしりと重くなった衣は、上手に箸でつままないと簡単にちぎれてしまうほど。レンゲを使うのもありです。ほおばるとじゅわっと口にスープがあふれますが、かなり塩気が強く、そばつゆのような味わいです。

ゆでたろう「天中華」
えび天は衣がスープを吸う

麺は縮れていて、量はたっぷり。固くもなくやわらかくもなく、これまた塩気の強いスープがからむので、温そばをたぐっているような気持になります。

ゆでたろう「天中華」
麺は縮れていて量はしっかりあり

チャーシューも味つけ卵もないのですが、えび天と麺で案外満ち足りた気持ちに。ちなみにしょっぱい後味が残るので、セルフサービスのお冷やをとっておくのもお勧めです。

ゆでたろう「天中華」
スープはそばつゆを思わせる塩気の強さ

本格派のラーメンが好きな人にはぴんと来ないかもしれませんが、B級グルメが好きな人、ソバチェーンの変わり種メニューが好きな人には悪くない一杯かもしれません。

なお、ゆでたろうは「ゆで太郎システム」と「信越食品」の2社が運営していて、お店によってメニューが異なります。天中華はゆで太郎システムのお店で置いています。公式サイトからどこにお店があるかを探せます。