大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味

大久保に香港スイーツ専門店「香港誠記」がオープンしました。サゴタピオカたっぷりの「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」を楽しめます。

「香港誠記」は新鮮なフルーツにこだわったお店。本場香港の味を1品1品手作りで再現しています。

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味
店内はカウンター席のみ
10人が座れます

その「香港誠記」で人気No.1メニューなのが「楊枝甘露」。マンゴー、ポメロ、タピオカを材料にした香港の夏の定番スイーツです。

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味
人気No.1メニュー「楊枝甘露」

作り方は意外と簡単で、マンゴーピューレにココナッツミルクやコンデンスミルクを加えたベースに、マンゴー、ポメロ(またはグレープフルーツ)、タピオカを加えて冷やすだけ。でも、これら材料の配分配分で味が決まり、そのお店の個性となります。

「香港誠記」の「楊枝甘露」はやや甘め。この甘さと一緒にマンゴーの甘酸っぱさ、ポメロの苦さ、そしてタピオカの食感を楽しめます。

使われているタピオカはタピオカミルクティーに入っている黒い大きなあれではなく、粒が小さくて透明なサゴタピオカ。こっちのタピオカが好き!って人、いますよね?そんな人には、きっとたまらん一品です。

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味
食感がたまらん!

もっとピュアに、このタピオカだけを楽しみたいというマニアには「パルタピオカミルク」というメニューもあります。こちらはミルクにサゴタピオカがたっぷり入ったデザート。タピオカ食感をエンドレスで堪能できてしまいます。

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味
タピオカとミルクだけ
ある意味、ストイック?

「香港誠記」にはそのほかにも「香港牛乳プリン」「あずき豆花」など、香港のおいしいスイーツが一杯。1品のサイズは小さめなので、2つ、3つと試してみは?

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味
食器も素敵なんですよ

店舗所在地は東京都新宿区北新宿3丁目1-1。あの茶加匠(チャカショウ)の2階です。営業時間は11時から22時です。

大久保 香港誠記の「楊枝甘露(ヨンジーガムロ )」が本場の味