「キリンラーメン」あらため「キリマルラーメン」
味は同じ!

愛知県西三河地方のご当地即席麺「キリンラーメン」が、名称を「キリマルラーメン」に変更し新発売となった。昔ながらの味はそのままだそう。

キリンラーメンは、創業明治40年(1907)、小麦粉の製造・販売及び関連品の販売を手掛ける小笠原製粉が1965年から販売してきた即席麺ブランド。

愛知県碧南市を中心に西三河地方や東三河・知多半島地方で広まり、地元のソウルフードとして親しまれてきたとのこと。大手との競争激化により一時は生産を中止していたが、地元からの要望で復活。昭和レトロなパッケージが受け、全国に多くのファンを持つのだとか。

諸般の事情により名称変更を余儀なくされたといい、一般公募、選挙による投票をへて2018年8月に新名称は「キリマルラーメン」と決まった。

キリマルラーメンの初回生産分はステッカー入りの限定パッケージで店頭に並ぶ。一方キリンラーメンは11月下旬の出荷が最後になり、半世紀の歴史に幕を下ろす。