スープストック「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」と「ゴッホの玉葱のスープ」

Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)で、「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」と「ゴッホの玉葱のスープ」が販売されています。

スープストック「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」と「ゴッホの玉葱のスープ」
2種のスープ(Sカップ)が選べる「スープストックセット(980円)」

フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープは、オランダの巨匠フェルメールの名画「牛乳を注ぐ女」を再現したスープ。東京・上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」に合わせて企画されたものです。


スープストック「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」
フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ

ゴーダーチーズが溶け込んだ濃厚なミルクスープの中には、胡桃とレーズンのパン入り。ほわりとした口あたりで、強いミルクの風味が感じられるスープをパンがしっかり吸い込んでいます。ミルクとチーズのふくよかな旨みを感じさせつつもクドさはなく、ふんわり飲みやすい味わいです。

スープストック「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」
優しい口あたり

ゴッホの玉葱のスープは、じっくり炒めた玉葱を使い、パンを加えてとろみをつけたスープ。ゴッホの作品「玉葱」をイメージした、オニオングラタン風のスープに仕上げられています。

スープストック「ゴッホの玉葱のスープ」
ゴッホの玉葱のスープ

スープをたっぷり吸い込んで、お麩のようにとろりと柔らかくなったパンは、口に入れるとじゅわりと旨みを広げます。玉葱の食感にチキンブイヨンのコク、フライドオニオンの風味、とろけるチーズが組み合わさった、シンプルながらも奥深い味わいが楽しめる一杯。

スープストック「ゴッホの玉葱のスープ」
野菜の食感もいきてる

“食欲の秋”と“芸術の秋”を同時に楽しめそう(?)な、スープストックトーキョーの、「フェルメールの“牛乳を注ぐ女”のスープ」と「ゴッホの玉葱のスープ」。期間限定メニューのため、気になる方はお早めに!